このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

知的財産権と企業秘密の保護

ファーウェイでは研究開発への長期的な投資と、知的財産ポートフォリオの継続的な充実に取り組んでいます。ファーウェイは世界最大の特許保有企業の1つです。2020年末までにファーウェイは40,000以上の特許ファミリーにわたる100,000以上の有効な特許を保有しています。当社は知的財産を尊重し保護することがイノベーションの基礎であると考えています。知的財産権規定への順守、実行、貢献、さらにはイノベーターとして、ファーウェイは世界中の主要なICT企業とクロスライセンス契約を結んでいます。また、業界内や国や地域を超えて、イノベーションや知的財産を保護するための環境整備にも精力的に取り組んでいます。

ファーウェイは他者の知的財産や企業秘密を尊重しつつ、自らの知的財産や企業秘密を保護することを約束します。当社は、従業員が他者の営業秘密を不正に取得、開示、使用、または処分することを明確に禁止しています。具体的には、他者の営業秘密を保護するためにファーウェイがとった主な措置は以下のとおりです。

  • 「第三者の営業秘密の尊重と保護に関する規則」の発行。この規則は、事業活動中に他者の営業秘密を尊重し保護するために従業員が従わなければならない明確なルールを定め、従業員が合法的に、かつ当社の契約に従って事業活動を確実に行うためのものです。
  • 研究開発、販売、調達、人事などの業務プロセスに営業秘密保護要件を組み込み、定期的にレビューを行い、日々の業務から教訓や事例を得て管理体制を継続的に改善する。
  • 全従業員を対象とした営業秘密保護に関する広報、研修、試験を実施し、営業秘密保護の遵守に関する義務と責任を十分に認識させる。
  • 他人の営業秘密を保護するための努力を検証するために、チェックと監査を含む監督を行い、政策、規則、プロセスの効果的な実施を確保すること。
  • 「他人の営業秘密を侵害した場合の説明責任プロトコル」や「情報セキュリティ違反の説明責任評価基準」などの公式なコーポレートポリシーに基づく説明責任システムを構築し、違反者に責任を負わせる。
business ethics