このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

環境保護

地球環境問題をテクノロジーで解決し、人と自然が調和した緑豊かな未来を目指しています。
より良い地球環境のためのテクノロジー

概要

グローバル・e サステナビリティ・イニシアティブ(GeSI)の報告書『スマーター2030( SMARTer 2030)』の予測では、ICT 製品のエネルギー効率が上昇する ことで、ICT 業界の二酸化炭素排出量が世界の総排出量に占める割合は徐々に低下していきます。2030年までにICT 業界の二酸化炭素排出量は12.5億トンとなり、世界全体の排出量に占める割合は1.97%まで下がり、またICT 技術を広く用いることで、他の業界でも二酸化炭素排出量を大幅に削減できると考えられています。2030年までに、各業界がICT 技術によって削減できる二酸化炭素排出量は120億トンに達し、ICT 業界自体の排出量のほぼ10倍となります。 

ICT 技術は世界の環境問題を解決する上でますます重要な役割を果たし、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の迅速な実現に役立ちます。ICT 技術の活用は各業界の省エネと排出削減を促進し、再生可能エネルギーの利用効率を高め、気候変動がもたらす影響への有効な対応が可能となるでしょう。

あらゆる人、家庭、組織にデジタル化の価値を提供し、すべてがつながったインテリジェントな世界を実現することが、ファーウェイのビジョンであり使命です。この果てしない目標を実現するため、私たちは引き続きICTインフラとスマート・デバイスに重点を置きます。オープンなコラボレーションにより、パートナーと共に各業界のデジタル化、インテリジェント化を可能にし、お客様と社会のためにより大きな価値を創造し、それによってあらゆる人が恩恵を受けられることを目指します。このインテリジェントな世界は、同時に環境にも優しい世界でなければなりません。そうであってこそ、人と自然の調和のとれた共生が実現できるのです。

環境保護理念:テクノロジーと自然の共生を 目指す

私たちは「テクノロジーと自然の共生を目指す」という環境保護理念に則って行動を続け、次の3 つの面への投資を強化していきます。

  • 二酸化炭素排出削減: 環境に優しいICT 技術イノベーションにより、様々な業種で省エネと排出削減を実現し、当社とサプライチェーンの事業運営における環境への配慮を常に強化し、責任を持って一歩ずつ二酸化炭素排出削減を進めます。
  • 再生可能エネルギーの利用拡大: 再生可能エネルギー分野への投資を継続的に拡大し、インテリジェントな世界のためにクリーンな原動力を提供します。再生可能エネルギーの利用効率を高め、共同で再生可能エネルギー利用への構造転換を行います。
  • 循環型経済の促進: より少ない資源で、より多くの福祉を人々にもたらすことができるよう考えます。

重点をおく分野

炭素排出量の削減

ファーウェイは環境に配慮した製品を提供し、環境に優しい持続可能な企業キャンパスネットワークを作り、競争力のあるグリーンなサプライチェーンを構築して、炭素排出量を削減しています。

詳細はこちら

再生可能エネルギーの利用促進

ファーウェイは再生可能エネルギーへ移行に積極的に取り組み、環境問題の解決に向けてできる限りの努力をしていきます。

詳細はこちら

循環型経済の促進

ファーウェイは循環型経済にさらに貢献する方法を模索し、天然資源への依存度を減らし、より環境に優しい製品をお客様に提供することを約束します。

詳細はこちら