このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

安心・安全

ファーウェイはオープンで安全な、安定した、平和なサイバー空間を支持するとともに、
積極的に提唱しています

概要

デジタルテクノロジーの急速な発展は、サイバーセキュリティにおける数多くの課題と機会をもたらしました。各業界のデジタル・トランスフォーメーションの過程では、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、5G、IoT、AIなどのテクノロジーが広く用いられ、ビジネスエコシステムはよりオープンになり、新規事業展開はよりスピードアップし、ソリューションはより多様化しています。これらのイノベーションは私たちに機会やメリット、利便性をもたらすと同時に、サイバーセキュリティおよび個人情報保護の課題も生み出しました。

また、現在のサイバーセキュリティと個人情報保護が直面する課題は非常に複雑で、法的要件のみならず、多くの要素やステークホルダーにも関連するため、業界と社会全体が協力し、互いに努力しなければなりません。オープンで透明性が高く、可視化されたセキュリティ問題解決の枠組みおよび個人情報保護の仕組みを構築することは、サプライチェーン全体の健全な発展の継続に役立ち、通信技術のイノベーションと人々のコミュニケーション促進にもつながるはずです。als.

すべてのモノがセンシング機能を備え、すべてのモノがつながり、すべてのモノがインテリジェントになる社会はますます近づいています。よりオープンで、より信頼性が高く、より安定したICT インフラは、人々をインテリジェントな世界へ導くための基礎と保障となります。このため、ICTインフラに関連する企業にとっては、ネットワークの安定性と事業継続性を保障し維持することが重要な社会責任であり、使命なのです。

ファーウェイは、オープンで安全な、安定した、平和なサイバー空間を支持するとともに、積極的に提唱しています。また国連の「世界人権宣言」が提唱する通信、プライバシー等に関する基本的人権を尊重および遵守し、適用される法律法令ならびに業界優れた慣行に従ってサイバーセキュリティおよびユーザーの個人データを保護します。

また、ネットワークの安全性と安定性の保障はファーウェイにとって最も重要な社会的責任です。私たちは組織、人、プロセス、IT ツールなどの全方面からお客様のネットワークの保障システムを構築し、人々がいつでもどこからでも情報と通信にアクセスし、共有する権利を保障しています。同時に、重大な自然災害、政治、経済、貿易、ネットワークウイルス被害などのリスクイベントへの緊急時対応計画を含めた事業継続マネジメントシステムを確立することで、重大イベントの発生後も供給の連続性を保障し、お客様に製品とサービスを確実かつ速やかにお届けできるようにしています。


重点をおく分野

サイバーセキュリティおよびユーザーの個人情報保護

世界有数のICTインフラ機器およびスマート端末メーカーとして、私たちは各業界のデジタル・トランスフォーメーションに積極的に関わり、あらゆる人、家庭、組織にデジタル化の価値を提供しようとしています。しかし、デジタル・トランスフォーメーションの加速にはサイバーセキュリティと個人情報保護の責任が伴うことも意識しなければなりません。ファーウェイはすでにサイバーセキュリティと個人情報保護を会社の最優先事項として明確に位置付けており、さらに長年の継続的な努力によってエンド・ツー・エンドのセキュリティ保障システムを構築しています。

詳細はこちら

オープン性と透明性

公正で信頼できる、オープンで透明性の高い、責任ある姿勢でステークホルダーと連携し、科学技術イノベーション、規格制定、管理の改善などの一連の方法を通じてサイバー・セキュリティおよび個人情報保護の課題に向き合い、お客様のネットワークの強靭性を確かなものにし、リスクを軽減させたいとファーウェイは考えています。

詳細はこちら

ネットワークの安定性のサポート

会社設立から30年以上にわたり、ファーウェイはネットワークの安定性サポートを常に自らの重要な社会的責任および使命としてきました。私たちは自社が背負う責任の重さを深く理解しています。ネットワーク障害はお客様、消費者、社会に重大な損失をもたらすからです。このため、私たちはお客様のネットワーク保障のためのシステムをありとあらゆる面において万全なものにし、お客様により良いサービスを提供し、人々がいつでもネットワークに接続できるようにしています。

詳細はこちら

事業継続性

高度な分業化が進む現在の国際社会において、ファーウェイの購買、製造、物流およびグローバル技術サービスなどの業務はすべて、サードパーティーのメーカーや専門機関との幅広い協業に頼らざるを得なくなっています。事業継続性の管理(BCM)は極めて重要な問題です。

詳細はこちら