このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイ、女性のSTEMスキルの向上支援に100万元相当の職業訓練バウチャーを寄付

2021.11.19

【2021年11月10日、中国深セン】ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、中国の数百のアプリに関する学部大学、および中等・高等専門学校の2,000人の女性STEM1学生を対象に100万元相当の職業スキル試験のバウチャーを寄付すると発表しました。この助成金は中国の若手女性の職業スキルを向上させ、テクノロジー業界への参入を促進することを目的としています。

当助成金はファーウェイ女性開発者(HWD)プログラムの一環として、主にファーウェイの1+Xモバイルアプリ開発の職業スキル認定プログラムをパイロット運用する大学、および学校の学生に恩恵をもたらします。これらの機関は、無料の試験バウチャーを申請して、試験を受講予定の女子学生に配布できます。この試験はモバイルアプリ開発、インテリジェント製品開発、ソフトウェア技術、AI技術&サービス、IoTアプリケーション技術などを専攻する学生を対象としています。また、ファーウェイは、これらの大学および学校向けに教師トレーニング、および教材を提供しています。

四川軽化工大学コンピュータ理工学部の呉亜東(ウー・ヤドン)学部長は、次のように述べました。「HWDプログラムと大学との提携を喜ばしく思います。あいにく、当校卒業後に実際にテクノロジー業界に参入できる女子STEM学生は一部に限られ、テクノロジー業界の男女格差は当校以上に顕著な状況です。そのため、女子学生がテクノロジー業界で職に就けるよう、いかにサポートできるかが当校における長期的な課題です。HWD等のプログラムは、より多くの女子学生が専門スキルを身に付け、テクノロジー業界で職を得、能力を存分に発揮するための助けになると考えます」

試験バウチャーに加え、ファーウェイでは同社の開発者ウェブサイト2で、「テクノロジー業界における女性のパワーと発展」、「モバイルUIデザイン総合ガイド」など、新しいオンラインコースを複数発表しました。これらのコースはいずれも、すべての開発者に2か月間、割引提供されます。

ファーウェイの取締役 兼 上級副社長の陳黎芳(キャサリン・チェン)は、次のように述べました。「デジタル時代には、女性がテクノロジー業界の鍵となります。女性の参入増加と社会的地位の向上は、新たな可能性の扉を開き、世界に新たな技術と事業の発展をもたらします。ファーウェイでは、才能ある女性がテクノロジー職に就くためのサポートを行い、女性が可能性を開放し、より豊かで平等な未来の実現に貢献するための、さまざまな機会とプラットフォームの提供に尽力しています」

HWDプログラムは2021年3月の開始以来、ファーウェイHMSアプリイノベーション・コンテストのテクノロジー女性賞、女性対象のオフライン開発者トレーニングセッション、そしてファーウェイ・ウェブサイト上での優秀な女性開発者によるアプリの紹介など、さまざまな活動を主催し、女性開発者をファーウェイの企業イベントに関与させています。

ファーウェイでは、女性がテクノロジー業界で競争力を高め、最終的により包括的で多様な世界に貢献できるための機会と決定的サポートの提供に長年、取り組んでいます。

既に、アイルランド、アルゼンチン、バングラデシュ、ケニア、南アフリカなど、複数の国で女性向けの専用デジタルスキルトレーニングプログラムを展開しています。



[1]STEM(Science,Technology, Engineering and Mathematics):科学、技術、工学、数学の教育分野

[2] https://developer.huawei.com/consumer/en/programs/hwd

※ 本参考資料は2021年11月10日(現地時間)に中国深センで発表されたプレスリリースの翻訳版です。