このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

研究開発

ファーウェイはICTパイプ戦略にしっかりと注力し、より“つながった”世界の構築に向けて、カギとなる技術、基礎的なエンジニアリング能力、ネットワークアーキテクチャ、技術標準化、製品開発への投資を続けています。また、より広帯域でスマートな、信頼性の高いデータパイプで、高いパフォーマンスと待ち時間ゼロを実現し、優れたユーザー体験の創出を目指しています。

2016年12月31日現在、ファーウェイの特許申請数は中国で57,632件、中国国外で39,613件となり、特許取得数はのべ62,519件にのぼります。

2016年12月31日現在、ファーウェイは360以上の標準化団体、業界アライアンス、オープンソースコミュニティに参加し、300以上の要職を担っています。IEEE規格アソシエーション(IEEE Standard Association、IEEE-SA)、BBF、ETSI、TMフォーラム、Wi-Fiアライアンス(Wi-Fi Alliance、WFA)、ワイヤレスワールドリサーチフォーラム(Wireless Wor ld Research Forum、WWRF)、OpenStack、Linaro、OPNFV、中国通信標準化協会(China Communications Standards Association、CCSA)ではボードメンバーとなっています。ファーウェイの2016 年における標準化団体への提案数は、6,000 件を超え、累計で49,000件を超えています。

ファーウェイは、毎年売上高の10%以上を継続して研究開発に投資しています。2016 年時点で、全従業員数の45%にあたる約80,000人がR&Dに従事しています。2016年のR&Dへの投資額は合計763 億9,100万人民元(約1兆2,787億8,534万円)にのぼりました。これは、売上高全体の14.6%にあたります。ファーウェイにおける過去10年間のR&Dへの投資額は、累計で3,130億人民元(約5兆2,396億2,000万円)を超えています。

※1人民元あたり16.74円換算(2016年12月30日現在)

その他の会社の詳細

一覧を見る