このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

コーポレートガバナンス

お客様志向と一意専心というコアバリューに基づき、ファーウェイは、コーポレートガバナンス体制、組織、プロセス、評価システムを絶えず改善し、長期にわたる効率的な成長を維持してきました。

株主総会はファーウェイの最高権威として、増資や利益分配、取締役会と監視委員会のメンバー選定など、主要な問題について意思決定を行います。

取締役会は、会社の戦略、経営管理、顧客満足に責任を負う最高機関であり、会社を前進させることを任務としています。会社の戦略と経営管理に関する意思決定の権限を行使し、顧客と株主の利益の保護に努めます。

監視委員会の主要な責務は、会社の財務実績と経営状況の検討、取締役と上級管理職の職責遂行の監視、取締役会機能の標準化です。

ファーウェイは取締役会の指導のもとCEO輪番制度を実施しています。輪番CEOはその在任期間中、会社の業務と危機管理の主要責任者として、会社の存続と発展の責任を担います。

取締役会と執行委員会は輪番会長が統率します。輪番会長は任期中、会社の最高位のリーダーの役割を果たします。

監視委員会の主要な責務は、取締役・上級管理職の職責遂行の監督、会社の経営状況と財務状況の監視、内部統制と法遵守の監視です。

ファーウェイは2000年よりKPMGを外部監査人として監査を受けています。外部監査人は財務諸表の監査に責任を負い、適切な会計基準と監査手順に従って、財務諸表が正確かつ公正であるかどうか意見を表明します。

ファーウェイは、ICTインフラ事業のエンドツーエンドの業務管理を強化するために、ICTインフラ事業の事業戦略、業務管理、顧客満足の主要責任者として、ICTインフラ管理委員会を設置しました。

当社は、戦略とリスク管理を強化し、コンシューマー向け端末事業の意思決定効率を高めるために、同事業の事業戦略、業務管理、顧客満足の主要責任者として、コンシューマー向け端末事業管理委員会を設置しました。

当社の複数の事業の発展をサポートし、会社の方針を実施する上での強固な基礎となる共有サービスプラットフォームを徐々に構築していくために、当社はプラットフォーム連携委員会を設置しました。この委員会は、運営本部が任務の遂行と業務を最適化し、機能横断的な業務を簡素化し、コラボレーションを強化するように促すことで、運営本部を事業運営の支援と促進のための最高のサービス組織にすることを目的として設置されています。運営本部は、事業運営に必要なサポートとサービスの提供と監督を行います。現地オフィスに正確でタイムリーかつ効果的なサービスを提供し、十分な権限を委譲しつつも、それを厳しく監督しています。

その他のコーポレート・ガバナンス

一覧を見る