このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

取締役会

取締役会は、会社の戦略、経営管理、顧客満足に責任を負う最高機関であり、会社を前進させることを任務としています。会社の戦略と経営管理に関する意思決定の権限を行使し、顧客と株主の利益の保護に努めます。

取締役会の主要な責務は、以下のとおりです。

取締役会のメンバー(1列目左から、孟晩舟、胡厚崑、郭平、徐直軍、梁華、2列目左から、何庭波、
徐文偉、閻力大、丁耘、任正非、陶景文、李英涛、汪涛、彭中陽、余承東、陳黎芳、姚福海)

現在、取締役会は代表委員会によって選出され株主総会の投票で承認された17名のメンバーで構成されています。2018年3月、委員会と株主総会は、常任および予備メンバーを含む新たな取締役会を選出しました。取締役会に欠員が生じた場合、予備メンバーが事前に決められた順番で欠員を補充するものとします。

予備取締役:李建国(Li Jianguo)、彭博(Peng Bo)、趙明(Zhao Ming)

取締役会の運営

2017年は、12回の取締役会が開催されました。取締役会では、会社の中長期成長計画、年間の事業計画と予算、年間の監査報告、コーポレートガバナンス規定、取締役会の委員会運営、長期的インセンティブ、年間の利益分配、増資、融資といった事項について精査・承認を行いました。

取締役会は、常任の執行機関として機能する執行委員会を設けています。執行委員会は取締役会の委任のもと、会社の重要な課題について検討し、取締役会に代わって意思決定を行い、その履行を監視します。2017年、執行委員会は12回の会議を開催しました。

執行委員会のメンバーは、郭平、徐直軍、胡厚崑、孟晩舟、丁耘、余承東、汪涛です。

今後、取締役会と執行委員会は輪番会長が統率することになります。輪番会長は任期中、会社の最高位のリーダーの役割を果たします。輪番会長の1回の任期は6か月です。今後5年間の輪番会長とその任期は以下の通りです。

● 徐直軍
2018年4月1日~2018年9月30日
2019年10月1日~2020年3月31日
2021年4月1日~2021年9月30日
2022年10月1日~2023年3月31日

● 郭平
2018年10月1日~2019年3月31日
2020年4月1日~2020年9月30日
2021年10月1日~2022年3月31日

胡厚崑
2019年4月1日~2019年9月30日
2020年10月1日~2021年3月31日
2022年4月1日~2022年9月30日


その他のコーポレート・ガバナンス

一覧を見る