This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

プレスリリース

  • ファーウェイのIoT接続管理プラットフォーム「OceanConnect」、英調査会社IHSマークイットによる最新調査でリーダーとして評価

    ファーウェイは、同社のIoT接続管理プラットフォーム「OceanConnect」が英金融情報・調査会社であるIHSマークイットが発表した「IoT CMP Platforms Scorecard」において、リーダーと評価されたことを明らかにしました。この評価はOceanConnectが業界を牽引するIoTプラットフォームとして認知されていることを示すものです。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-10-05
  • ファーウェイ、世界初となるスマートグリッド向け 5Gネットワークスライシングアプリケーションのデモを実施

    ファーウェイは、中国国際情報通信展覧会(PTエキスポ)2017(9月27~30日、中国・北京)において、世界初となるスマートグリッド向け第5世代移動体通信(5G)ネットワークスライシングアプリケーションを披露しました。このアプリケーションは、エンドツーエンドで5Gネットワークを支えるファーウェイのソリューションの一部である、サービス指向コアネットワーク(SOC)をベースとしています。

    2017-10-03
  • ファーウェイ、インターブランドの「Best Global Brands 2017」で 70位にランクイン

    ファーウェイは、世界最大のブランドコンサルティング企業である米インターブランドが発表した「Best Global Brands 2017」で70位にランクインしました。ファーウェイのブランド価値は昨年から14%増加し、約66億7,600万米ドル(約7,531億円1)になりました2。「Best Global Brands 2017」においてブランド価値の2桁成長を達成した企業は上位100社のうち16社であり、ファーウェイはそのうちの1社となりました。

    2017-09-29
  • ファーウェイ、ソフトバンクおよびWCPと共同でMassive MIMO高度化に向けた第2期実証実験を実施 1セルで28 多重のレイヤ化に成功

    ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)およびWireless City Planning株式会社(以下「WCP」)と共同で、2016年9月より都内の人口密集地域にて、商用サービスと並行して、さらなる高度化に向けた大規模なMassive MIMO実証実験を重ねてきました。本年9月からは「MIMO」技術をさらに進化させた「Massive MIMO 2.0」「Distributed MIMO」「MultiUser MIMO」「UL MultiUser MIMO」の提供を支援してきました。今回、上記に加えてさらなる高度化に向けた実証実験を行った結果、ビームフォーミングで28多重のレイヤ化に成功し、帯域幅20MHzで971Mbpsのセルスループットを達成しました。これらの成果は、3社のMassive MIMO技術における共同イノベーションが新たなステージに達したことを表しています。

    2017-09-29
  • ファーウェイと独SUSE、信頼性で新たな標準となるミッションクリティカルサーバーの提供で協業

    ファーウェイと独SUSEは9月27日、SUSECON 2017(9月25日~27日、チェコ・プラハ)において、両社のパートナーシップを拡大し、信頼性において新たな標準となるミッションクリティカルサーバーを構築していくことを明らかにしました。メモリーモジュールのホットスワップをサポートするミッションクリティカルサーバーによって、システムの稼動を確保しつつ、顧客企業が予期せぬメンテナンスにかかる時間を削減できるよう支援します。

    ファーウェイとSUSEの両社は、ファーウェイのKunLun ミッションクリティカルサーバーと「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications」上で稼動するソリューションを提供することで、エンタープライズ ミッションクリティカル向けラインナップを強化します。これは、両社がグローバルに事業を展開する企業向けに信頼性の高い高性能なソリューションの構築に尽力していることを示すものです。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-09-28
  • ファーウェイ、米インテルと 5G NRに基づく相互運用性の開発テストで協業を開始

    ファーウェイは9月22日、米インテルとの新たなパートナーシップを発表し、5G技術とその成熟度の検証に向けて、3GPPの第5世代移動体通信(5G)ネットワーク向け無線インターフェース「5G New Radio(NR)」に基づく相互運用性の開発テスト(IODT)を開始しました。このパートナーシップは、5Gの統一規格のもとで業界が急速に成熟し、エンドツーエンドでの5G商用化に向けた準備が進んでいることを示しています。

    2017-09-27
  • ファーウェイ、国際放送機器展IBC 2017で メディア業界向けクラウドソリューションを披露

    ファーウェイは、9月15日からオランダ・アムステルダムで開催された国際放送機器展「IBC(International Broadcasting Convention) 2017」において、ドイツテレコムの子会社Tシステムズと共同で、ドイツテレコムのパブリッククラウドサービス「オープンテレコムクラウド」上で、ソニーのMedia Backbone Hiveの商用提供が可能となったほか、米ハーモニックのVOS™メディア処理プラットフォームが実装されたことを発表しました。この複数企業による協力にはドイツ放送技術機構(IRT)も参画し、同機構のMXFアナライザーツールがソニーのMedia Backbone Hiveプラットフォームに統合されています。

    2017-09-22
  • ファーウェイ、インダストリアル・インターネット・コンソーシアムと協力し、同社オープンラボにエコシステムラボを設置 産業インターネットエコシステムの発展を促進

    ファーウェイおよび米インダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)は、HUAWEI CONNECT 2017(9月5日~7日、中国・上海)において、「IIC-ファーウェイ エコシステムオープンラボ」構想を披露し、緊密な協力を通じてともに産業インターネットエコシステムの発展を促進していくことを発表しました。

    2017-09-20
  • ファーウェイ、企業WANの相互接続で 最高のユーザー体験を提供するSD-WANソリューションを発表

    ファーウェイは、HUAWEI CONNECT 2017 9月5日~7日、中国・上海)において、SD-WANソリューションと一連のユニバーサルコンピューティングゲートウェイを発表しました。ブランチ間、ブランチとデータセンター間、ブランチとクラウド間でオンデマンドでの相互接続を実現するこれらのソリューションにより、ネットワーク全体にわたるアプリケーションレベルのインテリジェントパス選択、スマートな高速化、クラウドベースのO&M可視化によってWAN相互接続における最高のユーザー体験を実現します。

    2017-09-19
  • ファーウェイ、クラウド変革サービス戦略を発表 今後5年間で、サービス強化に向けて5億米ドルを投資

    ファーウェイは、HUAWEI CONNECT 2017(9月5~7日、中国・上海)において、クラウド変革に取り組む企業の支援に向けた法人向けサービス戦略を発表しました。インダストリークラウドのイネーブラーとして多様な業界のお客様の戦略パートナーとなることを目指し、クラウドベースのプロフェッショナルサービスとクラウドのプラットフォームおよびエコシステムの開発に今後5年間で5億米ドル(約546億円※)を投資します。これによりエンドツーエンドのクラウド変革サービスソリューションを提供し、お客様によるクラウドプラットフォームの効率的な構築、利用、管理を支援します。

    2017-09-15
  • ファーウェイ、FusionServer Gシリーズ ヘテロジニアスコンピューティングプラットフォームを発表

    ファーウェイは、HUAWEI CONNECT 2017(9月5日~7日、中国・上海)において、FusionServer Gシリーズ ヘテロジニアスコンピューティングプラットフォームを披露しました。FusionServer G5500とG2500の2種類のヘテロジニアスサーバーは、新世代のインテリジェントなクラウドハードウェアプラットフォームである「Atlas」構築の中核を担う製品であす。同社は汎用CPUという従来の枠組みを超えてコンピューティング効率向上に向けたヘテロジニアスな高速化の実現を目指すバウンドレスコンピューティング戦略を掲げており、同製品はこれを具現化する過程で達成した重要な成果です。

    2017-09-15
  • ファーウェイと米アクセンチュア、中国・港湾サービス大手 上海国際港務グループの新たな情報管理プラットフォーム構築を支援

    ファーウェイと米アクセンチュアは9月11日、港湾情報分野における最新の協業の成果を発表しました。アクセンチュアは、中国・港湾サービス大手の上海国際港務グループを支援し、ファーウェイのFusionCloudデスクトップソリューション上で稼働する統合情報管理プラットフォームを構築します。また、ファーウェイ、アクセンチュアの2社が2014年に開始した戦略提携の一環として、そのほかの支援も行う予定です。

    2017-09-14
  • ファーウェイ、『HUAWEI CONNECT 2017』において 企業のデジタル変革を支援する6 つの革新的なソリューションを発表

    ファーウェイは、『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7 日、中国・上海)において、企業のデジタル変革を支援する6 つの革新的なソリューションを発表しました。ハードウェア、ソフトウェア、データ、接続、アーキテクチャ、ハイブリッドクラウド の6 つの領域におけるイノベーションを含むこの新たなソリューションは、ファーウェイ プロダクト・ソリューション グループ IT プロダクトライン バイスプレジデントである黄瑾(ジョイ・ファン)により、「すべてがつながり、すべてがクラウド化し、すべてがインテリジェントに(All Connected, All Cloud, All Intelligent)」と題した基調講演において明らかに「されました。 同講演ではまた、中国工商銀行や中国・東風汽車と仏PSA・プジョーシトロエンとの合弁会社である東風プジョーシトロエンにおけるデジタル変革の成功事例やベストプラクティスも共有されました。

    2017-09-13
  • ファーウェイ、新たな総合的ソリューションパートナープログラムを発表 パートナーとファーウェイの協業がより容易に

    ファーウェイは、HUAWEI CONNECT 2017(9月5~7日、中国・上海)において、同社のすべてのグローバルソリューションパートナーを対象とする新たな総合的パートナープログラムを発表しました。同プログラムの実施にあたり、ファーウェイは2017年内に2億5,000万米ドル(約273億円※)を投資し、そのうち7,000万米ドル(約76億円※)を共同マーケティングに充当する計画です。同プログラムは独立系ソフトウェアベンダー、独立系ハードウェアベンダー、システムインテグレーター、コンサルティングパートナーを対象とし、ファーウェイはこれらのパートナーがファーウェイの製品・ソリューションをベースとしたソリューションを設計、構築、マーケティングする際に必要となる技術リソース、マーケティングリソース、営業リソースを提供します。

    2017-09-13
  • ファーウェイとダッソー・システムズ、ファーウェイクラウドへの3DEXPERIENCEプラットフォーム導入に向けて合意

    ファーウェイと仏ダッソー・システムズは『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7日、中国・上海)において、協業に関する覚書に調印し、ダッソー・システムズの3DEXPERIENCEプラットフォームをファーウェイのクラウド上で稼働させるために緊密に連携していくことを発表しました。

    2017-09-13
  • ファーウェイ、2つの原動力でデジタル化を推進する「コネクション+クラウド」戦略を発表

    ファーウェイは『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7日、中国・上海)において、2つの原動力でデジタル化を推進する「コネクション+クラウド」戦略と、あらゆるモノのスマートな接続に向けた企業向けネットワークソリューションを発表しました。この戦略とソリューションは、より包括的なネットワーク接続と、アクセス回線やWAN、データセンター、相互接続といったすべてのシナリオでよりインテリジェントなネットワーク管理を提供することにより、企業のクラウド変革を加速します。

    2017-09-12
  • ファーウェイ、新世代のインテリジェントなクラウドハードウェアプラットフォーム「Atlas」を発表

    ファーウェイは『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7日、中国・上海)において、新世代のインテリジェントなクラウドハードウェアプラットフォーム「Atlas」を発表しました。Atlasはパブリッククラウド、AI、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)などのシナリオに対応し、ヘテロジニアスリソースプーリングやインテリジェントオーケストレーションなどの主要技術のメリットを活用して、新たなレベルのハードウェアリソース利用とサービス需要へのより柔軟な対応を実現します。Atlasプラットフォームはファーウェイのバウンドレスコンピューティング戦略の成果であり、これによりファーウェイはインフラストラクチャのリソースプール革命を主導する上で優位に立つことになります。

    2017-09-12
  • プラットフォームとエコシステム戦略がデジタル変革を加速する フォーチュン500のうち197社がICT時代の成功に向けてファーウェイを選択

    ファーウェイは、『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5 ~7日、中国・上海)において、同社のフォーチュングローバル500のパートナーおよびお客様と共同で開発した、デジタル変革をリードするICTソリューションを披露しました。また、エンタープライズレベルのIoT開発の促進に向けた「プラットフォーム + コネクション + エコシステム」戦略も発表しました。

    2017-09-12
  • 5Gに関するデモンストレーションを実施

    ソフトバンク株式会社と華為技術日本株式会社は、5Gエンドツーエンドネットワークが提供する「超高速通信」「超低遅延通信」「エッジコンピューティング※」を用いたさまざまなユースケースのデモンストレーションをパートナー企業向けに共同で実施しました。

    2017-09-08
  • ファーウェイとマイクロソフト、アプリケーションのクラウド提供において新たな戦略提携を開始

    ファーウェイとマイクロソフトは『HUAWEI CONNECT 2017』(9月5~7日、中国・上海)において、マイクロソフトのアプリケーションをファーウェイのクラウドサービス上でリリースする戦略提携に関する覚書に署名したことを発表しました。両社はパブリッククラウドに関する協力関係を深め、企業に理想的なクラウドサービス体験を提供し、デジタル変革の実現を支援していきます。

    2017-09-07
  • ファーウェイ、革新的な企業向けインテリジェンスソリューションを発表 同社のクラウドをインテリジェントな世界のイネーブラーに位置付ける

    ファーウェイのクラウド事業ユニットおよびITプロダクトライン担当プレジデントである鄭葉来(チェン・イエライ)は、『HUAWEI CONNECT 2017』の初日となる9月5日、同社のクラウド事業の進展を共有し、新たに革新的な企業向けインテリジェンス(Enterprise Intelligence、EI)ソリューションを発表しました。

    2017-09-07
  • ファーウェイ、『HUAWEI CONNECT 2017』において世界5大パブリッククラウドの1つを構築することを宣言

    ファーウェイは9月5日、中国・上海新国際展示場において、同社最大規模のグローバルICT業界向けイベント『HUAWEI CONNECT 2017』(9月7日まで開催)を開会しました。

    2017-09-07
  • ファーウェイの最新世代FusionServer 2288H V5、 サーバーの電力効率を測定するベンチマーク「SPECpower」で 世界最高記録を達成

    ファーウェイは、同社の最新世代FusionServer 2288H V5がStandard Performance Evaluation Corporation(SPEC)によるサーバーの電力効率を測定するベンチマーク「SPECpower_ssj® 2008」テストの最新結果においてスコア13,398を付け、世界記録を達成したことを発表しました。

    2017-08-15
  • ファーウェイ、業界初となるFTTBギガビット同軸アクセス製品を発表

    ファーウェイは、日本におけるケーブルテレビ業界の一大イベントであるケーブル技術ショー2017(7月20~21日、東京国際フォーラム)で、業界初の集合住宅向けギガビット同軸アクセス製品「Giga Coaxソリューション MA5633-XB10」を披露しました。同製品はファイバーと同軸のハイブリッドネットワークにおいて、ユーザー近傍にファイバーを配置するという業界のトレンドに合致したもので、ファーウェイの一連のD-CCAP(Distributed-Converged Cable Access Platform)ソリューションを強化し、あらゆる環境でカバレッジを向上します。ケーブルテレビ事業者は、Giga Coaxソリューション MA5633-XB10を利用することで、ギガビットサービスを柔軟かつ迅速に提供できるようになります。

    2017-07-28
  • ファーウェイ、2017年度上半期業績を発表

    ファーウェイは本日、2017年度上半期業績(2017年1~6月、速報値)を発表し、売上高が対前年同期比15%増となる2,831億人民元(約4兆6,853億円)、営業利益率が11%となったことを明らかにしました。

    2017-07-27