This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

プレス・リリース

  • ファーウェイ、ハイパフォーマンスコンピューティング・グローバルセンターをドイツ・ミュンヘンに開設

    ファーウェイは6月21日、ISC 2017(International Supercomputing Conference 2017)において、ドイツ・ミュンヘンの同社オープンラボ内に、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)・グローバルセンターをオープンすることを発表しました。ファーウェイは本センターを拠点にパートナー各社とともに、HPCを核にクラウド、AIなどの関連分野を活かした産業向けソリューションを開発していきます。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-06-23
  • ファーウェイとエディンバラ大学、 分散データ管理・処理に関する共同ラボ開設を発表

    ファーウェイは6月13日、英エディンバラ大学と提携し、分散データ管理・処理に関する新たなラボを開設することを発表しました。ファーウェイとエディンバラ大学は、3年間のパートナーシップを通じて、データ管理における新たな理論や技術をともに探求し、次世代ITの確立に向けた研究開発の方向性を示していきます。新たなラボは、エディンバラ大学の情報学部内に設置される予定です。

    2017-06-16
  • ファーウェイ、サーバー製品のポートフォリオを拡充し、 Microsoft Azure Stack向けハイブリッドクラウドソリューションを提供

    ファーウェイは6月9日、サーバー製品のポートフォリオを拡充し、同社製サーバーとスイッチをベースとしたMicrosoft Azure Stack向けのハイブリッドクラウドソリューションを提供していくことを発表しました。ファーウェイと米マイクロソフトが共同で設計したこのソリューションによって、企業やサービスプロバイダーはMicrosoft Azureとのシームレスな一貫性を備えたサービスをオンプレミスで展開できるため、ハイブリッドクラウド基盤を安心して活用しながら、デジタル変革を加速することができるようになります。

    2017-06-14
  • ファーウェイと独クーカ、スマートファクトリー分野での新たな協業に合意

    ファーウェイと世界で自動化分野をリードする独クーカ(KUKA)は6月9日、スマートファクトリー分野における新たな協業に合意しました。

    ファーウェイとクーカはこれまで、新技術のイノベーションとイベント等における共同マーケティングで協力してきました。とりわけ、第5世代移動体通信技術(5G)を活用してクーカのロボットアームを制御するライブデモンストレーションを今年のMobile World CongressやCeBIT、ハノーバー・メッセで披露し、業界関係者からは大きな関心が寄せられました。両社は今回の合意を通じて協業を新たな段階に発展させ、インダストリー4.0および関連する標準化団体での協力を継続するとともに、ドイツが進めるインダストリー4.0と中国製造2025の効果的な融合に向けて共同で取り組んでいきます。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-06-13
  • ファーウェイとテレフォニカ、「GTBイノベーションアワード」で未来の5Gネットワークを定義する取り組みで受賞

    ファーウェイは、英ロンドンで5月23日に開催されたGTBイノベーションアワードで、CloudRANベースで物理的なセルに縛られないユーザー中心の5G向け無線(5G Radio User Centric No Cell)におけるイノベーションと検証を評価され、スペイン・テレフォニカとともに5Gインフラストラクチャサービスイノベーション(Infrastructure Service Innovation)賞を受賞しました。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-06-13
  • ファーウェイ、Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 5部門、Best of ShowNet Awardで受賞

    華為技術日本株式会社は、本日から開催されている国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2017」(6月7日~9日、幕張メッセ)の優秀展示製品を表彰するBest of Show Awardにおいて過去最多となる5部門で、Best of ShowNet Awardにおいて阪神グループとShowNetに共同設置している地域BWAサービスの基地局で特別賞を受賞しました。ファーウェイのInterop Tokyoにおける受賞はこれで5年連続となり、ファーウェイの長期にわたる研究開発への戦略投資、品質の飽くなき追求が、技術の先進性と高い品質が求められる日本市場において継続して評価されていることを示しています。

    2017-06-07
  • ファーウェイ、SAP HANA® イノベーションアワードを受賞

    世界最大の輸出量を誇る乳製品メーカー・フォンテラによるSAP HANAベースの財務・サプライチェーン管理システム導入をFusion Server RH5885H V3ラック・サーバーで支援

    ファーウェイは、世界有数のビジネステクノロジーイベントであり、独SAP最大規模のカンファレンスであるSAPPHIRE NOW®(5月16日~18日、米国オーランド)において、2017 SAP HANA®イノベーションアワードの特別賞に入賞しました。

    ファーウェイは、SAP HANAプラットフォームおよびテクノロジーソリューションにおけるリーダーシップと貢献を評価されました。特に、世界最大の輸出量を誇る乳製品メーカーであるニュージーランドのフォンテラがSAP HANAをベースとした効率的なな財務およびサプライチェーン管理システムを導入するにあたり、ファーウェイのFusionServer RH5885H V3ラック・サーバーで支援したことを評価されました。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-06-05
  • 英EEとファーウェイ、インフォーマ「Network Virtualization Industry Awards 2017(ネットワーク仮想化賞 2017)」を受賞

    ファーウェイは5月31日、スペイン・マドリッドでインフォーマが主催した「Network Virtualization Industry Awards 2017(ネットワーク仮想化賞 2017)」において、英EEと共同で「2017 Most Successful Deployment of NFV(最も成功したNFV導入賞 2017)」を受賞しました。これは、EEとファーウェイによるNFV分野での商用プロジェクトにおける成功とそれを通じた業界への貢献が評価されたものです。

    英BTグループ傘下にあるEEは、英国をリードする第4世代移動体通信(4G)事業者であり、常に業界を牽引するネットワーク品質の確保に注力しています。4Gサービスが急速に普及するなか、EEは同社の既存ポリシー・プラットフォームをさまざまなサービス要件に対応させることが困難であると判断しました。そこで同社は、最新のNFV技術を活用して、よりアジャイルかつダイナミックな対応が可能なインフラストラクチャへと変革することを決め、ファーウェイのNFV統合サービスによって新たなマルチベンダーNFBソリューションの展開と商用化に成功しました。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-06-05
  • ファーウェイ、Interop Tokyo 2017で パートナー各社とともにデジタル変革を支援する 革新的なICTソリューションを展示

    華為技術日本株式会社は、今年で24回目を迎える国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2017」(6月7日~9日、幕張メッセ)に出展し、「Leading New ICT, The Road to Digital Transformation(新時代のICTでデジタル変革を実現)」のテーマのもと、パートナー各社とともにデジタル変革を支援するICT戦略と革新的なソリューションを展示します。

    2017-06-01
  • ファーウェイ、ドバイ空港見本市 2017で 航空産業のデジタル化を加速する最新のICTソリューションを披露

    ファーウェイは5月15日から17日までの3日間、ドバイ国際コンベンションセンターで開催されたドバイ空港見本市 2017に初出展し、「Leading New ICT, The Road to Digital Aviation(新時代のICTで航空産業のデジタル化を実現)」のテーマのもと、同社の空港向けICT製品やソリューション披露しました。

    2017-05-22
  • ファーウェイ、Red Hat Enterprise LinuxのOEMパートナーに

    ファーウェイは4月26日、ハノーバーメッセ 2017(4月24日~27日、ドイツ・ハノーバー)において、米レッドハットとOEMパートナー契約を締結し、同社の企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」に対応したサーバー製品の開発でさらに協力を深めていくことに合意しました。

    今回の合意により、ファーウェイのサーバー製品を利用する顧客企業にはいっそう充実したサービスとサポートをご利用いただけるようになります。2社のこれまでの協力関係に加えて、レッドハットは新たに、ファーウェイのラックサーバー、ブレードサーバー、高密度サーバー、KunLunミッションクリティカルサーバーなどのサーバー製品向けに技術サービスを含むソリューションを提供する予定です。レッドハットのソリューションは現在、「フォーチュン・グローバル500」にランキングされる企業の90%で採用されています。

    (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-04-28
  • ファーウェイとGE、クラウドベースの予防保全ソリューションを発表

    ファーウェイとインダストリアル・インターネットをリードするソフトウェア企業である米GEデジタルは4月24日、世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ 2017(4月24日~28日、ドイツ・ハノーバー)において、クラウドベースの予防保全ソリューションを共同発表しました。

    2017-04-28
  • ファーウェイ、ハノーバーメッセ 2017で最新のICTイノベーションを披露

    ファーウェイは世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ 2017(4月24日~28日、ドイツ・ハノーバー)において、顧客企業のデジタル変革を支援し、新たなビジネスチャンスを切り拓く一連の製品およびソリューションを披露しました。

    2017-04-28
  • ファーウェイ、第58回科学技術映像祭に特別協賛、企業賞を授与

    華為技術日本株式会社は、ファーウェイ・グループがグローバルで取り組むICT人材育成の一環として「第58回科学技術映像祭」に特別協賛し、本日、科学技術館サイエンスホールで開催された同表彰式において、内閣総理大臣賞受賞作品「日本のチカラ #60つかまれ!のぼれ!~カエルと少女とシュロの糸~」を製作した山口放送株式会社に「ファーウェイ賞」を授与しました。

    2017-04-21
  • ファーウェイ、2017年度 世界接続性指標報告書を発表

    ファーウェイは4月17日、ファーウェイ世界接続性指標報告書 2017年度版(Global Connectivity Index、GCI 2017)を発表し、デジタル先進国がICTへの投資や利活用で経済発展を続けると同時に、デジタル発展途上国でもICT能力やデジタル変革に向けた戦略的投資が進み、経済成長が加速していること、一方で両者間の格差が広がっていることを明らかにしました。

    2017-04-19
  • ファーウェイ、高い信頼性とオープン性を兼ね備えた パブリック・クラウド・サービスで俊敏なビジネスを実現

    ファーウェイは同社グループの経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」(4月11日~13日、中国・深圳)で今年3月にクラウド事業に特化したビジネス・ユニット(BU)を新設したことを明らかにするとともに、同サミットで初のパブリック・クラウド・サービス・スイートとなる「ServiceStage」を発表しました。高い信頼性とオープン性を兼ね備えたパブリック・クラウド・サービスと、ファーウェイが世界170か国で保有する現地でのサポート体制を融合することで、お客様により多くの価値を創出し、企業がクラウドへ移行する際の信頼できるパートナーとなるべく尽力していきます。

    2017-04-14
  • ファーウェイ、エンタープライズ事業で売上高の47%成長を達成

    ファーウェイは、同社グループの経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」(4月11日~13日、中国・深圳)において、同社でエンタープライズ市場向け製品・ソリューションを手がける法人向けICTソリューション事業グループの2016年度(1~12月)監査後業績を説明するとともに、産業のデジタル変革に向けたビジョン、戦略、取り組みを共有しました。

    2017-04-14
  • ファーウェイ、マルチベンダー環境下における効率的なNFV導入のための3次元KPI評価に関するホワイトペーパーを発表

    ファーウェイは4月13日、同社グループの経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」(4月11日~13日、中国・深圳)において、「3 Dimensional KPI Assessments for High Efficient NFV Multi-Vendor Integration(マルチベンダー環境下における効率的なNFV導入のための3次元KPI評価)」と題したホワイトペーパーを発表しました。ファーウェイは本ホワイトペーパーで、マルチベンダー環境下におけるNFV導入の際のリスクを抑制しつつ、効率性を向上するベンチマークやKPIの設定について紹介しています。(続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-04-13
  • ファーウェイ、グローバル・サービス部門の2016年度 監査後売上高が133億2,000万米ドルに達したことを明らかに

    ファーウェイは4月12日、同社グループの経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」(4月11日~13日、中国・深圳)において、同社で通信事業者向けネットワーク運営支援などを行うグローバル・サービス部門の2016年度(1~12月)監査後売上高が133億2,000万米ドルに達したことを公表しました。同部門は通信事業者が運営するネットワークの価値と運営効率を高めることで継続して堅調な成長を遂げており、今後も通信事業者のデジタル変革をサポートしていきます。(続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)

    2017-04-12
  • ファーウェイ、グループ経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」を開催

    ファーウェイは4月11日、中国・深圳で同社グループの経営戦略説明会「第14回ファーウェイ・グローバル・アナリスト・サミット」を開幕しました。3 日間にわたり世界各国から500名以上の産業アナリスト、オピニオン・リーダーや報道関係者が集う本サミットで、ファーウェイは「Go Digital, Go Cloud」というテーマのもとクラウド・サービス、映像サービス、IoT、人工知能(AI)、デジタル変革などの分野における最新の研究成果とビジネス事例、ソリューションのほか、これらの分野における事業戦略を共有します。

    2017-04-12
  • ファーウェイ、2016年度 監査後業績を発表

    ファーウェイは本日、2016年度(2016年1~12月)の監査後業績を発表し、すべての事業グループが堅実な成長を達成した結果、グループ売上高が対前年比32%増となる5,216億人民元(約8兆7,316億円)に、純利益が同0.4%増となる371億元(約6,211億円)に達したことを明らかにしました。ファーウェイはまた、2016年度においても将来を見据えた投資を継続し、研究開発(R&D)への年間投資額は764億元(約1兆2,789億円)にのぼりました。

    2017-03-31
  • ファーウェイ、深圳水務グループ、チャイナ・テレコムの3社、「世界水の日」にあわせて、世界初の商用NB-IoT技術を活用したスマート・ウォーター・プロジェクトを始動

    ファーウェイ、深圳水務グループ、チャイナ・テレコム(中国電信)の3社は3月22日、今年で25回目となる「世界水の日」を記念して、世界初の商用NB-IoT技術を活用したスマート・ウォーター・プロジェクトの始動を発表しました。深圳市副秘書長 王虎善(ワン・フーシャン)氏、深圳水務グループ 会長 韓德宏(ハン・ドゥホン)氏、チャイナ・テレコム深圳支社 ジェネラル・マネージャー 李勝飛(リ・シェンフェイ)氏、ファーウェイ ワイヤレス・ネットワーク・プロダクトライン プレジデントの鄧泰華(エドワード・デン)が参加した記念式典で発表された本プロジェクトは、水道サービス分野でNB-IoT技術を全面的に活用するプロジェクトとして重要なマイルストーンとなります。

    2017-03-30
  • ファーウェイのクラウドOS「FusionSphere」、 エンタープライズ版Linuxのサポートを拡張

    ファーウェイは3月20日、同社のクラウドOS「FusionSphere」がOracle Linux TMハードウェア認定を取得し、Oracle Linux OSをゲストOSとしてサポートすることを発表しました。今回、広く利用されているエンタープライズ版Linux OSに対応したことでファーウェイのクラウド基盤「FusionSphere」の互換性がさらに広がりました。

    2017-03-30
  • ファーウェイ、CloudFabricソリューションでブラジルの次世代IXPネットワーク構築を支援

    ファーウェイとブラジルネットワーク情報センター(Brazilian Network Information Center、NIC.br)は3月23日、世界最大級のICT見本市CeBIT2017(3月20~24日、ドイツ・ハノーバー)において、ファーウェイのCloudFabricソリューションを用いた次世代IXPネットワーク構築を契機に長期的なパートナーシップを開始したことを発表しました。

    2017-03-30
  • ファーウェイ創業者兼CEO任正非、ニュージーランド首相との会談で、同国でのR&Dにおける協業とデジタル変革の推進を表明

    ファーウェイは同社創業者兼CEOである任正非(レン・ジェンフェイ)が3月21日に行われたビル・イングリッシュ(Rt Hon. Bill English)ニュージーランド首相との会談において、ICTインフラストラクチャの構築とデジタル変革について意見を交わし、現地での調達、研究開発、クラウド・コンピューティング・インフラストラクチャの構築などを含む同社のニュージーランドへの投資計画を説明したことを明らかにしました。

    2017-03-29