このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイ、AIプロセッサAscend 910と あらゆるシナリオに対応するAIコンピューティングフレームワークMindSpore発表

2019.08.26

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は8月23日、世界で最も強力なAIプロセッサAscend 910と、あらゆるシナリオに対応するAIコンピューティングフレームワークMindSporeを発表しました。

ファーウェイ 取締役会副会長兼輪番会長 徐 直軍(エリック・シュー)は、中国・深センの同社本社で開催した記者発表会で次のように述べています。「2018年10月にAI戦略を発表して以来、ファーウェイは着実に研究開発から商用化へと前進してきました。本日のAscend910とMindSporeの発表は、ファーウェイのAI戦略が新たな段階に入ったことを示しています」

AIプロセッサAscend910とAIコンピューティングフレームワークMindSporeを発表する徐直軍

Ascend 910、最強のコンピューティング性能を保有するAIプロセッサ

Ascend 910は、Ascend-MaxシリーズのAIプロセッサで、昨年開催した当社最大規模のICT業界向け年次イベント「HUAWEI CONNECT 2018」でその技術仕様を先行発表していました。1年間の研究開発を経て、Ascend 910は低い消費電力で設計仕様の性能を満たしていることが試験結果から示されています。

半精度浮動小数点演算性能は256 TFLOPSを、INT8(8ビット整数)の演算性能は512 TOPSをサポートし、 そのうえ、最大消費電力はわずか310Wと、設計仕様の350Wより大幅に低減しています。

徐は「Ascend 910のパフォーマンスは予想を遥かに上回り、間違いなく世界最強のコンピューティング性能を備えるAIプロセッサです」と述べ、自信を示しました。

Ascend 910はAIのモデルトレーニングに適しています。ResNet-50を使用した一般的なトレーニングでは、Ascend 910とMindSporeを併用した際の学習速度が、TensorFlowを使用した主流のトレーニングカードと比較し、ほぼ2倍に向上します。

ファーウェイは今後、AIプロセッサへに引き続き投資し、手頃な価格で、多彩かつ適応性の高いAIコンピューティングリソースを提供することで、エッジコンピューティングや自動運転の車載コンピューティング、トレーニングなどを含む多様なニーズに対応していきます。

MindSpore、あらゆるシナリオに対応するAIコンピューティングフレームワーク

ファーウェイは同時に、あらゆるシナリオでAIアプリケーションの開発を支援するAIコンピューティングフレームワークMindSporeも発表しました。

AIコンピューティングフレームワークはAIアプリケーションの開発を容易にすると同時に、AIアプリケーションの普及ならびにプライバシー保護確立のカギを握っています。

ファーウェイは昨年の「HUAWEI CONNECT 2018」で、次の3つの開発目標を掲げました。

MindSporeはこれらの目標に向けて大きな進歩を遂げました。プライバシー保護の重要性がますます高まるなか、安全で遍在的なAIを実現するには多様なシナリオへの対応が不可欠です。MindSporeは処理済の傾斜分散情報とモデル情報のみを扱い、ユーザーのプライバシーを確保します。データ自体を加工しないため、シナリオ横断の環境においてもユーザーデータは効果的に保護され、さらにモデル保護技術を組み込むことで、モデルの安全性と信頼性を確保します。

MindSporeは、デバイス、エッジ、クラウドなどのシナリオに適応可能で、これらの間のオンデマンドコラボレーションを実現します。「AIアルゴリズム アズ ア コード」という設計コンセプトにより、AIアプリケーションを開発を容易に、モデルトレーニングを高速にします。

MindSporeは自然言語処理(NLP)の一般的なニューラルネットワークでは、市場で主流の他のフレームワークに比べてコアコードの行数を20%削減でき、開発が容易に、また効率が少なくとも50%向上します。

ファーウェイのソリューションは、フレームワークにおける技術革新と、MindSporeおよびAscend 910の協調的な最適化により、AIコンピューティングの複雑さ、異なるアプリケーションに向けた多様なコンピューティング性能が求められるといった課題を開発者が克服することを支援し、より高い性能と効率を実現します。MindSporeはAscendプロセッサに加えて、GPUやCPUなどの他のプロセッサもサポートします。

徐は、「MindSporeは2020年第1四半期にオープンソース化します。より幅広い分野でのAI活用を推進し、開発者が得意なことに専念できるようしていきます」と述べ、堅牢で活気のあるAI産業エコシステムの発展を後押ししていくと強調しました。

あらゆるシナリオに対応するフルスタックのAIソリューションで、
あらゆる分野にAIで普及

徐は、Ascend 910とMindSporeの発表に先立ち、ファーウェイのAI戦略を改めて説明しました。

ファーウェイの AIポートフォリオは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、エッジコンピューティング、IoTデバイス、消費者向け端末を含むあらゆるシナリオを網羅します。また、 「フルスタック」とは、Ascend IPおよびチップシリーズ、チップイネーブルメントCANN、トレーニングおよび推論フレームワークMindSpore、ModelArtsと呼ばれるアプリケーションイネーブルメントプラットフォームが含まれています。

ファーウェイはAIを新たな汎用技術と位置づけています。19世紀における鉄道や電気、20世紀における自動車、コンピューター、インターネットと同様に、経済のあらゆる場面で活用される新たな汎用技術になると考えています。一方で、AIの活用はまだ初期段階にあり、期待されているAI技術と能力との間に大きなギャップがあると考えています。 これらのギャップを縮小または解消し、AIの活用を世界規模で加速することがファーウェイのAI戦略の狙いです。 ファーウェイは次の10の分野において変革を起こすことを視野に入れた取り組みを進めています。

幅広く活用されるAscend310とModelArts

ファーウェイは「HUAWEI CONNECT 2018」で、同社のAI戦略とあらゆるシナリオに対応するフルスタックのAIポートフォリオを発表し、その最初の製品としてAIプロセッサ Ascend 310とフルパイプラインのモデル開発サービスModelArtsをリリースしました。

Ascend 310はファーウェイAscend-miniシリーズ初の商用AI SoCです。最大消費電力はわずか8Wで、INT8で16 TOPS、半精度浮動小数点演算性能は8 TFLOPSを実現し、エッジコンピューティング向けの最も強力なAI SoCとなっています。また、16チャンネルのフルHDビデオデコーダーも付属しています。

Ascend 310はリリース以来、さまざまな製品とクラウドサービスで導入されています。例えば、Ascend 310を搭載するモバイルデータセンター(MDC) はシャトルバスや新エネルギー車、自動運転などの分野で、多くの自動車メーカーに利用されています。

また、Ascend 310を搭載したAtlasシリーズのアクセラレーションカードやサーバーは、スマート交通やスマートグリッドなどの分野で多数のパートナーによって産業向けのソリューションに活用されています。

Ascend 310はさらに、ファーウェイが提供するクラウドサービスで、画像分析、光学的文字認識(OCR)、インテリジェントビデオ分析などのサービスも実現しています。現在、こうしたサービスに向けて50を超えるAPIが提供され、1日あたりの平均使用回数は1億回を超えています。この数字は2019年末までに3億に達すると予想されています。さらに100社以上の企業がAscend310を使用して独自のAIアルゴリズムを開発しています。

一方、データ取得から、モデル開発、トレーニング、デプロイメントに至るまでのモデル開発サービスを提供するModelArtsを使用する開発者は3万を超え、1日に4,000を超えるトレーニングタスクを32,000時間にわたりを行っています。そのうち、85%は視覚処理、10%は音声データ処理、5%は機械学習に関連しています。

今回のAscend 910とMindSporeの発表により、ファーウェイのフルスタックのAIソリューションを支える主要コンポーネントすべてが出揃いました。徐は「すべてが計画通りに前進しています。私たちはあらゆるシナリオに対応するフルスタックのAIポートフォリオの構築をお約束し、本日それを実現しました」と述べ、まもなく開幕する「HUAWEI CONNECT 2019」(9月18日~20日、上海世博展覧館)では、画期的なAI製品を発表する予定であることを付け加えました。

ファーウェイは今後もパートナー各社との緊密な連携によりAIの普及を進め、あらゆる人、家庭、組織にデジタル化の価値を提供し、すべてがつながったインテリジェントな世界を実現していきます。

※本参考資料は2019年8月23日(現地時間)に中国・深センで発表されたプレスリリースの翻訳版です。