このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイ、シズベルのWi-Fi 6パテントプールに設立メンバーとして参画

2022.07.20

【中国・深圳、2022年7月19日】ファーウェイは本日、シズベルWi-Fi 6パテントプールに設立メンバーとして参画することを発表しました。この新たなパテントプールは、ファーウェイとその他イノベーターによる、Wi-Fi 6において根幹となる規格特許を共有する場を提供することになります。ファーウェイは、プールのライセンシーも兼任することになりました。

「ファーウェイは、革新的なWi-Fiテクノロジーを業界と共有していくことに大きな期待を込めています」とファーウェイ知的財産権部門責任者の樊志勇(アラン・ファン)は述べています。「Wi-Fiテクノロジーはコンシューマーエレクトロニクス、スマートホーム、産業における事業者などの分野で幅広く採用されています。パテントプールは、特許ライセンシングの透明性を高め、ライセンス争議を削減することになります。実装者は、同プール下にあるすべての特許のライセンスを一度に取得できるようになり、ライセンシングの効率を上げ、ライセンシングにおけるコストを削減することができます」

ファンは、ファーウェイはこれまで長きにわたり、イノベーションは適切に報われるべきだと提唱してきたことを加えました。パテントプールにより、企業、特にSME(中小企業)などの企業が、特許をライセンス供与することを助けて、その結果、ライセンス収入をさらなるイノベーション活動に投資できるようになります。ファーウェイは、このパテントプールの運用が実りあるものとなり、より多くの企業が次世代Wi-Fiテクノロジーに投資するきっかけとなることを期待しています。

シズベル・インターナショナル責任者のマティア・フォリアッコ氏は、次の通り述べています:「本社の新たなプールのパテントオーナーにファーウェイを迎えることをうれしく思います。過去2年に渡る調整の過程で、我々は摩擦を取り除きイノベーターと実装者の利益をすり合わせ、テクノロジー市場全体にとって有益なフレームワークを構築しました。ファーウェイは設立メンバーになることを受諾しており、と同時にライセンシー・ラインセンサーとしてこのプールに参画することがこのアプローチの実現可能性を認証しています。ファーウェイおよび他の参加パテントオーナーが貢献してきた知的財産の質の高さにより、すぐにライセンシーが増えることを確信しており、またおそらくパテントオーナーも増えることになるでしょう」

ファーウェイは、双方向の対話により他社との直接ライセンス契約を結ぶことにオープンであり続けるため、実装者にとっては、シズベルWi-Fi 6パテントプールまたはファーウェイとの直接対話を通してファーウェイWi-Fi 6の特許ライセンスを取得することを選択することができるようになります。

※ 本参考資料は2022年7月19日(現地時間)に中国・深圳で発表されたプレスリリースの翻訳版です。