このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

デローログループ– 2020年のONT市場シェアで ファーウェイが第1位に

2021.03.23

国際的に権威ある研究機関のデローログループは先日、2020年の固定ブロードバンドアクセス製品の世界市場シェアに関するレポートを発表しました。レポートによると、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)の光ネットワーク端末(ONT)が2020年に34%の世界市場シェアを占め、世界第1位を獲得しました。ファーウェイはこれまでに世界中で3億を超えるONTを提供しています。

ファイバーネットワークとブロードバンドサービスの進歩に伴い、ホームネットワークはオールオプティカルに向かっており、ホームゲートウェイにはデュアルバンドWi-Fi ONT、あるいはWi-Fi6機能が必要です。ファーウェイは顧客中心主義を貫き、製品、ソリューション、および顧客体験を継続的に革新してきました。2020年、ファーウェイは業界初のHomePONギガビットのFTTR(fiber to the room)ソリューションを発表しました。

このソリューションでは、従来のWi-Fiネットワークの電源ケーブルとネットワークケーブルのかわりにファイバーを使用しています。ファーウェイのOptiXstar Wi-Fi6スマートONTは、光モデムとルーターの機能を統合しており、誰もがいつでもどこでも安定したギガビット接続を利用できます。現在、ファーウェイのHomePONソリューションは、中国10省の12の事業者で商用化されており、事業者がプレミアムなギガビット体験を有するFTTRホームブロードバンドネットワークを構築するサポートをしています。また、ファーウェイは2020年、オンラインコース、eスポーツ、ビデオ、ダウンロードなど、ホームユーザーのサービスタイプをインテリジェントに識別できる業界初の埋め込み型AI(eAI)ONTを発表しました。この機能はVIPサービスの遅延を50%以上低減し、映像フリーズのない、スムーズなサービスを運用できます。世界10か国で商用化されており、ホームブロードバンドユーザーあたりの平均収益(ARPU)の増加に非常に効果的であることが実証されています。ファーウェイのOptiXstarシリーズのデュアルバンドONTは、農村地域のファイバーカバレッジと速度の加速を実現するために安定的なWi-Fiネットワークを提供し、ビデオバックホール、ライブ配信、オンライン教育、eコマースなどのシナリオでユーザー体験を保証します。

世界をリードするウルトラブロードバンド・ソリューションプロバイダーである、ファーウェイのギガビットのWi-Fi 6 ONTは、中国、アジア太平洋、中東、およびヨーロッパの通信事業者ネットワークで広く使用されています。また、ファーウェイはサプライチェーンの業界パートナーと協力して、ホームネットワーク業界のイノベーションを推進し、オンライン教育、オンラインオフィス、クラウドVR、HDライブ配信、eスポーツの各種サービスのユーザーに究極の体験を提供し、オペレーターが帯域幅の収益化から体験の収益化に転換して、ホームブロードバンド事業で継続的な成功を収められるようサポートします。