このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイ、2020年第3四半期業績を発表

2020.10.23

【中国深圳(シンセン)、10月23日】ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は本日、2020年度の第3四半期の業績を発表し、収益が前年同期比9.9% 増の6713億人民元、純利益率は8.0%となったことを明らかにしました。[※1]  2020年第3四半期の業績は概ね予測通りとなっています。

世界中に広がった新型コロナウィルスの影響は、当社の生産と事業運用に大きな困難をもたらしており、グローバルサプライチェーンシステムはさまざまな課題に直面しています。その中で当社は積極的に対策を講じ、サプライヤーと緊密に連携を取り、お客様へ予定通り納品できるよう最善を尽くしています。 今後も引き続きAIやクラウド、5G、コンピューティングなどのICTテクノロジーにおけるファーウェイの技術力と、パートナーとの協力関係を活かして、シナリオベースのソリューションを提供し、業界向けアプリケーションを開発することに注力していきます。また、5Gネットワークの強みを最大限に活用できるよう、企業のビジネス成功、政府の産業振興、人々の暮らしの向上、優れたガバナンスなどの目標を達成できるよう支援してまいります。

現代の社会発展の礎石となっているICTは、持続可能な社会、経済、環境の発展を牽引する重要な担い手となっています。ICT産業の健全かつ急速な発展は、世界的なサプライチェーンのオープンな協業と相互信頼関係と切り離すことはできません。ファーウェイは、複雑な事業環境の中、引き続きグローバルパートナーと協力し、革新的なICTテクノロジーを通じて、お客様に価値をもたらすと同時に、ウイルス感染拡大防止対策、経済、社会の発展に貢献できるよう努めてまいります。

※1 売上高などの各財務情報は国際会計基準(IFRS)に準拠して報告された未監査データです。


※本参考資料は2020年10月23日(現地時間)に中国深圳で発表されたプレスリリースの翻訳版です。