このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ビジョン、ミッション、戦略

ファーウェイのビジョンは、あらゆる人、家庭、組織にデジタル化の価値を提供し、すべてがつながったインテリジェントな世界を実現することです。これに向けて、当社は以下のようなことを目指しています。

すべてがつながったインテリジェントな世界を実現する
icon
ユビキタスな接続
ネットワークへの接続はあらゆる人にとって基本的な権利であり、人類の進歩と経済成長の基盤となるものです。ネットワークが私たちのニーズや環境の変化を察知するようになることで、接続はどこにでもある自然のリソースになるでしょう。こうしたネットワークは、いつでもどこでも必要に応じて、人やモノに対し、インテリジェントでシームレス、かつ安全な接続を提供します。5Gの到来により、接続という物語の新たな章が幕を開けます。
icon
インテリジェンスの浸透
AIによる第4次産業革命はすでに始まっています。AIは汎用技術として、私たちの社会のあらゆる部分に浸透し利用されるようになるでしょう。あらゆる産業、製品、ソリューションに組み込まれることで、企業が事業を運営し価値を生み出す方法を変えていきます。AIはまたネットワークの回復力を高め、ミッションクリティカルなサービスとデータに対してセキュリティを提供します。
icon
パーソナライズされた体験
企業は、AI、クラウド、ビッグデータなどの技術を活用することでお客様のニーズをよりよく理解し、アジャイルなイノベーションによってあらゆるお客様に対してよりパーソナライズされた体験を提供できるようになります。業界間の協調とコラボレーションが進むことで、大規模なイノベーションが促進されます。
あらゆる人がパーソナライズされた体験を得られるようになることで、それぞれの個性が尊重され、誰もが自分の可能性を最大限に引き出せるようになります。
icon
デジタルプラットフォーム
新たなデジタル化の波が世界を席巻しています。デジタル技術とAI技術のおかげで、あらゆる政府や企業はよりアジャイルで効率的、活発になっています。オープンで安全、かつ柔軟性が高く使いやすいデジタルプラットフォームは、あらゆる産業においてイノベーションと変革を促します。このようなプラットフォームは、私たちのデジタル社会が繁栄するための基盤と肥沃な土壌となるでしょう。

ユビキタスな接続

私たちはインテリジェントな世界に向かっています。あらゆるモノがセンサーとなり、つながった世界がやってくるのです。接続はそのような世界の前提条件であり、基盤です。そして、あらゆる人にとっての基本的な権利でもあります。

ファーウェイは、いまだオフライン状態に置かれている人、家庭、組織をつなぐことに注力しています。ブロードバンドや超高速ブロードバンドの普及も推進しています。さらに、接続にAIを統合させることで、人々や接続されたモノの変化し続けるニーズにネットワークが適応できるようにしています。将来的に、インテリジェントネットワークはお客様が期待するユーザー中心の一貫した体験を提供できるように、帯域幅と待ち時間をリアルタイムで調整する必要があります。

ファーウェイは、主に3つの分野(個人のユーザー、家庭、組織)において、人と人、人とモノ、モノとモノのユビキタスな接続を可能にします。ユーザー体験に重点を置き、AIをネットワークに組み込むことで、ネットワークが私たちのニーズや変化する環境を事前に察知できるようにします。こうしたネットワークは、いつでもどこでも必要に応じて、人、家庭、組織にインテリジェントでシームレス、かつ安全な接続を提供します。

このような環境を実現するために、ファーウェイは常にイノベーションに取り組んでいます。実際に、Wi-Fi、銅線、ファイバー、ケーブル、マイクロ波、スモールセル、3G、4G、5G、IoTなど、あらゆるシナリオとメディアで機能する、最先端のさまざまな接続技術を開発してきました。また、ビッグデータとAIを活用して、個人のユーザー、家庭、組織向けのインテリジェントな接続ソリューションを開発しています。例としては、Huawei SmartWi-Fi、HiLink、OceanConnect、SoftCOM AIなどのソリューションが挙げられます。

インテリジェンスの浸透

AIはあらゆる産業に変革を引き起こす新たな汎用テクノロジーであり、場合によっては産業を根底から覆すこともあります。AIはあらゆる組織の働き方を変え、効率の向上とコストの低減を可能にします。家庭や個人のユーザーにとっては、AIはまったく新しい体験をもたらすでしょう。

こうした変化は、まだ始まったばかりです。

AIは私たちの生活のあらゆる面に組み込まれていきます。ありとあらゆる産業、製品、ソリューション、事業運営、プロセスに浸透していき、組織の運営と価値創出の方法を変化させるでしょう。AIはデジタル世界において価値を生み出す原動力となります。AIを機能させるのは、データ、コンピューティング能力、アルゴリズムという3つの基本的なリソースです。ファーウェイが発表したGIV(Global Industry Vision)では、2025年までにスマートデバイスの90%がスマートアシスタント機能を搭載し、家庭の14%がスマートロボットを所有し、企業の86%がAIを使用するようになると予測しています。

しかし、AIの導入にはいまだ多くのハードルがあります。たとえば、既存のアルゴリズムが依然として非効率的であること、ユーザーの多くが十分なコンピューティング能力にアクセスできないこと、実用的なアプリケーションがあまりないことなどです。さらに、AIと他のテクノロジー間の相乗効果は現在のところ乏しく、産業エコシステム内における協調も十分ではありません。その結果、AIは依然として高価で希少なものとなっています。

ファーウェイは、このようなハードルを乗り越えるために、あらゆるシナリオに対応するフルスタックのAIポートフォリオを立ち上げました。これは、着想から戦略まで、チップからアプリケーションまで、コンシューマー(HiAI)からエンタープライズ(ファーウェイ・クラウドEI)まで、さらには通信事業者向け自動駆動ネットワークソリューション(SoftCOM AI)までをカバーしています。ファーウェイは、テクノロジー、ビジネス、エコシステムの観点から、あらゆる場所にインテリジェンスを浸透させることに注力しています。

パーソナライズされた体験

現実の世界とデジタルの世界は、急速に融合しつつあります。大量生産はマスカスタマイゼーションに道を譲り、ビジネスのイノベーションとエコシステム間のコラボレーションはより大規模に、ユーザー体験はより豊かになってきています。

将来のスマートデバイスは、常にオンライン状態で、ユーザーや環境とより自然な方法で情報をやりとりすることが可能になるでしょう。こうしたデバイスはユーザーをより深く理解し、私たちが何を欲しているかもわかるようになります。さらに、クラウド、ネットワーク、チップのすべてにおいてAIがサポートすることで、デバイスはもはやスタンバイ状態にはならず、常にオンの状態に維持されます。つまり、プラグアンドプレイではなく、プラグアンドシンクとなるのです。

ファーウェイのGIVは、2025年には世界中で400億台の個人用スマートデバイスが利用され、20%の人々が10台を超えるスマートデバイスを所有していると予測しています。企業の86%がAIを使用し、データの活用率は約80%に急上昇します。AR(拡張現実)・VR(仮想現実)ユーザーは、4億4,000万人に達する見込みです。このような変化はいずれも、人、家庭、組織にとってのイノベーションを意味します。

スマートデバイスのハードウェアとソフトウェアは、構造化とモジュール化が進むでしょう。これにより、接続、視覚、聴覚、触覚、センサー、言語、認知力、認識力などの新しい機能をスマートデバイスに簡単に追加できるようになります。レンガを積み上げるように、新しい機能をモジュールとして積み重ねられるのです。ユーザーはこのようなスマートデバイスを使用して、自らの感覚を現実の世界を超えてデジタルの世界へと拡張することができます。企業はAIやクラウドなどの新しいテクノロジーを使用して、お客様のニーズを把握し、サービスにおけるアジャイルなイノベーションを推進し、よりパーソナライズされた体験を提供できるようになります。業界間の協調とコラボレーションが進むことで、大規模なイノベーションが促進されます。

デジタルプラットフォーム

データは、個人情報や消費データから動画データや産業用データに至るまで、これまでよりも多様なソースから、さまざまな形式でもたらされるようになっています。このような多種多様なデータを統合するには、デジタルプラットフォームの力が不可欠です。

企業はデジタル変革の過程で、クラウド、AI、ビッグデータなどの新しいテクノロジーをどのように展開し、統合するかという課題に直面しています。変化に対応するためには、戦略、組織構造、プロセス、研究開発、製造、マーケティング、サービスの調整もしなければなりません。そこで必要になるのが、強力なデジタルプラットフォームです。こうしたプラットフォームがあれば、企業は新しいテクノロジーを使いこなしてアジャイルにイノベーションを起こし、変化や新たな競合に対処していくことができます。

デジタルプラットフォームは、デジタル変革の成功に欠かせないものです。

建物、工場、生産ライン、公共設備は、組織を運営する際に必要な物理的プラットフォームです。企業はITを利用することで、こうした自社の物理的プラットフォームをこれまで以上に効率的に管理し、事業運営を合理化することができます。このようなプロセスはデジタル化と呼ばれます。

一方、インターネット、クラウドコンピューティング、AIなどのより高度なITは、企業における働き方に変化を起こし、新たなビジネスモデルを生み出しています。このようなプロセスこそがデジタル変革です。ITシステムとそれに付随する運用方式が、企業のデジタルプラットフォームを形成します。

ファーウェイは、エコシステムパートナーと協力して、最先端の革新的なデジタルプラットフォームソリューションと、関連するテクノロジー・製品を提供しています。これらはオープンで安全、かつ柔軟性が高く、使いやすいデジタルプラットフォームの構築を支援する際に理想的なソリューションです。このようなデジタルプラットフォームによってデータの統合、ビジネスの協調、アジャイルなイノベーションを可能になることで、デジタル変革が成功へと導かれるのです。

その他の会社の詳細

一覧を見る