4Kについての洞察

動画体験とネットワーク・アーキテクチャの定義を覆す4K

1. 4Kの発展

2014年12月26日、中国電信(チャイナ・テレコム)の四川拠点である四川電信(スーチョワン・テレコム)が、中国初の商用サービスとして4KウルトラHD動画サービスを開始し、中国の4K業界で新たな一歩を踏み出しました。中国移動通信(チャイナ・モバイル)グループとして温州で事業を展開する温州移動(ウェンヂョウ・モバイル)もまた、オンライン4Kシアターサービス「Happy Family, Happy 4K」の提供を開始しました。 通信事業者は4K動画サービスを促進する絶好の機会を迎えています。4Kテレビの価格は急落しており、2014年の世界の出荷台数は1,160万台を超えました。さらに...

もっと読む>>


4K時代

Video, New Challenges & Opportunities

技術の進歩にともない、誰でも動画を公開することができるようになりました。お客様はどんな端末を利用する際でも、よりよい動画体験を期待しています。つまり、新たな課題に取り組む必要があると同時に、大きな商機でもあるのです。

Sony: Bringing Immersive Video to Life with 4K at MWC2015

「4Kは、イメージング・テクノロジーにおいて最先端技術と言えるでしょう」と、ソニーのPeter Skykes氏は語ります。感動的な体験を生活に取り入れるため、ソニーはパートナーとともに、競争力のあるコンテンツ制作と配信に注力を続けます。

4K Brings Extreme Video Experience

4K超高精細映像は業界でも注目技術として議論されています。エンド・ユーザーに、これまで以上に感動的な動画体験を提供できるようになる一方で、通信事業者や動画事業者が取り組む課題は少なくありません。ファーウェイのエキスパートがこの課題に対するソリューションをご提案します。


高速インターネットサービスの導入事例