このサイトはCookieを使用しています。 サイトを閲覧し続けることで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。 プライバシーポリシーを読む>

ファーウェイ、インテリジェントコンピューティングへの取り組みを発表

2018.06.07
ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は5月31日、企業による人工知能(AI)などのアプリケーションの活用を支援するインテリジェントコンピューティングへの取り組みを発表し、インテリジェンスが主導する時代に向けたミッションクリティカルサーバーKunLun V5と新世代ES3000 V5 NVMe SSDを発表しました。 現在、AI、量子情報技術、仮想現実(VR)など新たなアプリケーションの急速な発展に伴い、業界全体で既存のコンピューティングアーキテクチャを再考する動きが進んでいます。こうしたなか、ファーウェイは16年に及ぶコンピューティング分野でのビジネスと研究開発で培った知見を活かし、アクセラレーターコンポーネントとシステムアーキテクチャのイノベーションを継続して進めており、企業の多様なニーズに合わせて、3つの技術 ――1.既存のビジネスモデルに向けたインテリジェントサーバー、2.デジタル変革に向けたハイブリッドクラウド、3.ビジネスにおけるインテリジェンス実現に向けたヘテロジニアス/エッジコンピューティング―― を提案し、企業のデジタル化とスマート化の実現を支援しています。 ファーウェイは、昨年7月に発表したバウンドレスコンピューティング戦略に基づく約1年間の戦略的投資により、企業のビジネスを支援するインテリジェンスをこの3つの技術分野に組み込んできました。 ファーウェイは技術革新を通じて、お客様が自社のITシステムを汎用型のサイロから多様なコラボレーションが可能な形へと変革し、コンピューティングの限界を超えることができるよう支援します。 なお、6月13日から開催の「Interop Tokyo 2018」(6月15日まで、幕張メッセ)で、新世代ES3000 V5 NVMe SSD の詳細を紹介予定です。ファーウェイ・ジャパンのブースは、ホール4 No. 4M33です。 出展情報の詳細は右記をご覧ください。http://e.huawei.com/topic/interop2018/jp/ 

※本参考資料は2018年5月31日(現地時間)に中国・北京で発表されたプレスリリースの翻訳版です。