This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

3GPPで5G New Radio (5G NR) 標準仕様の初版策定が完了 世界のモバイル業界、5G NRの全面的な展開に向けた準備が整う

2017-12-21

本日、ポルトガル・リスボンで3GPP TSG RAN Plenary 会合が開催され、第5世代移動体通信(5G)向け無線方式 5G New Radio(5GNR)標準仕様初版の策定が完了したことが発表されました。ファーウェイを含む関係各社は今回の5G NR規格の策定完了により、2019年にも大規模な実証実験や商用展開に向けた5G NRの全面的な展開の準備が整ったとコメントしています。 

 ファーウェイ 5Gプロダクトライン プレジデント 楊超斌(ヤン・チャオビン)は、次のように述べています。「ファーウェイは業界の主要プレーヤーとして、単一の5G標準の策定にコミットしてきました。世界各国の政府、規制当局、研究機関、学界、産業界などの関係各社・団体との協力・協働により、3GPP 5G NR標準化のフェーズ1は大きな前進を経て完了しました。ファーウェイは今後も世界各国のパートナーと協力し、2018年より5Gを世界各国で大規模に商用展開できるよう取り組んでいきます」

 (続きはファーウェイ・グローバルサイト(英語)でご覧ください。)