This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

ファーウェイ、企業のデジタル変革を加速する 最新世代サーバーシリーズ FusionServer V5を発表

2017-07-19

Intel® Xeon®スケーラブルプロセッサーを搭載する新たなFusionServerシリーズ

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は7月13日、FusionServerシリーズの最新世代となるFusionServer V5のグローバルリリースを発表しました。米国・ワシントンで開催された米マイクロソフトのパートナー企業向けイベントMicrosoft Inspireにあわせて発表されたFusionServer V5シリーズサーバーは、Intel® Xeon®スケーラブルプロセッサーを搭載し、企業のデジタル変革支援に向けて設計されています。

データセンターとクラウドにおいてハイブリッドなIT展開が一般的になった現在、AI、機械学習、画像処理などのアプリケーションによって、継続的に新たなタイプのワークロードが生まれています。こうしたなか、汎用的なコンピューティングとヘテロジニアスなコンピューティングの双方が一般的なコンピューティングの手法となっています。今回発表したファーウェイの最新世代FusionServerシリーズはIntel® Xeon®スケーラブルプロセッサーを完全にサポートしており、新たなワークロードと従来型のワークロードに深いレベルで最適化されています。

ファーウェイ ITサーバープロダクトライン プレジデントの邱隆(チウ・ロン)は次のように述べています。 「企業のデジタル変革はより深く進展し、より多くの産業に広がっています。ワークロードもますます多様化しており、かつてないスピードで変化が起こっています。こうしたなか、コンピューティング効率とアジリティ(俊敏性)を高めることが、コンピューティング業界のイノベーションに向けた新たなドライバーとなっています」

ファーウェイのFusionServerポートフォリオには、従来の2~8ソケットのラックサーバー、Xシリーズの高密度サーバー、Eシリーズのブレードサーバーなどのモジューラー設計のサーバー、さらにはGシリーズのヘテロジニアスなコンピューティングプラットフォームがあります。こうした革新的なサーバーのラインナップによって、ワークロードと展開方法という2つの観点からコンピューティング効率を強化し続け、企業の生産性向上やハイブリッドなIT展開におけるコスト削減といった要件を満たしています。さらに、今回の新世代サーバーシリーズは、業界最先端の機能で容易な管理と電力効率向上を実現するオプションを提供し、企業が一貫してO&Mコストを削減できるよう支援します。

また、最新世代のFusionServerシリーズは、オールNVMe SSDやハードドライブ混在構成など、さまざまなハードドライブ構成オプションに対応しています。さらに、ストレージ密度とパフォーマンスの双方を向上しているほか、豊富なLOM(LAN on motherboard)ネットワークオプションに対応し、ネットワークの展開と管理を簡素化します。ハイブリッドクラウドやエッジコンピューティングなど、ファーウェイが提供するその他ソリューションと統合することで、コンピューティング効率も向上できます。さらに、自社開発のサーバー管理ソフトであるeSightとの統合を強化し、自動化されたスマートなデバイス管理システムによって新たなレベルの利便性と効率性を実現します。

                       

最新世代サーバーシリーズFusionServer V5を発表

ファーウェイはMicrosoft Inspireの会場で、同社のFusionServer V5シリーズサーバーをベースとしたMicrosoft Azure Stack向けファーウェイハイブリッドクラウドソリューション※1の詳細も発表しました。マイクロソフトとファーウェイは、サーバー分野で引き続き協業していく予定です。

同イベントでは、新世代サーバーシリーズに加え、KunLunミッションクリティカルサーバー、次世代クラウドAIハードウェアプラットフォーム、FusionCubeハイパーコンバージドインフラストラクチャ、ハイブリッドクラウドソリューション、エッジコンピューティング対応インテリジェントビデオ分析ソリューションなど、多岐にわたる製品・ソリューションを紹介しました。

                     

Microsoft Inspire 2017にダイヤモンドスポンサーとして参加

米ガートナーが発表したグローバルサーバー市場に関する2017年第1四半期レポートによれば、ファーウェイのサーバー出荷台数は対前年比19.7%増の伸びを記録し、世界第3位となりました2。また、サーバー製品の売上高は対前年比39.4%増に達しました3。ファーウェイは今回の最新世代サーバーシリーズのリリースにより、世界各地の企業によるデジタル変革を実現・促進するための態勢をより強化していきます。

※1 ファーウェイの Microsoft Azure Stack向けハイブリッドクラウドソリューションについては、6月14日付プレスリリースもあわせてご参照ください:http://www.huawei.com/jp/news/jp/2017/HWJP20170614D

※2 Gartner “Market Share: Servers, Worldwide, 1Q17 Update” 06 June 2017

※3 Gartner, Market Share: Servers, Asia/Pacific, 1Q17 Update, 07 June 2017

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeonは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation の商標または登録商標です。

※本参考資料は2017年7月13日(現地時間)に米国・ワシントンで発表されたプレスリリースの翻訳版です。