This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

ファーウェイ、Interop Tokyo 2017 Best of Show Award 5部門、Best of ShowNet Awardで受賞

2017-06-07

サーバー&ストレージ部門、デモンストレーション部門ではグランプリを受賞

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、本日から開催されている国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2017」(6月7日~9日、幕張メッセ)の優秀展示製品を表彰するBest of Show Awardにおいて過去最多となる5部門で、Best of ShowNet Awardにおいて阪神グループとShowNetに共同設置している地域BWAサービスの基地局で特別賞を受賞しました。ファーウェイのInterop Tokyoにおける受賞はこれで5年連続となり、ファーウェイの長期にわたる研究開発への戦略投資、品質の飽くなき追求が、技術の先進性と高い品質が求められる日本市場において継続して評価されていることを示しています。

受賞製品 一覧   ※各製品の概要と審査員による講評は本資料末尾をご参照ください。

Best of Show Award

サーバー&ストレージ部門

ファーウェイOceanStor Dorado V3

オールフラッシュストレージ

グランプリ

デモンストレーション部門

SoftRadioによるE2EのNB-IoTサービス

クイック開発キット

グランプリ

キャリア/

ISPネットワーキング部門

4Tルーティングラインカード

準グランプリ

ガジェット部門

クラウドビデオ会議エンドポイント

ファーウェイTE10

準グランプリ

エンタープライズ/

SMBネットワーキング部門

CloudCampus - クラウドマネジメント

プラットフォームによるWiFiソリューション

審査員特別賞

Best of ShowNet Award

阪神グループが提供する地域BWAサービス基地局のShowNetへの設置

特別賞

Best of Show Awardの発表に先立ち、ファーウェイ プロダクト・ソリューション グループ ネットワークR&D部門プレジデントの劉少偉(スウィフト・リュウ)は、「エッジコンピューティングで推進する 産業のデジタル変革 ~Win-Winなエコシステム構築を目指して~」と題した基調講演を行いえました。エッジコンピューティングはクラウドコンピューティングを補完する重要な技術要素であり、産業のデジタル変革のカギを握っています。こうしたなか、世界各地の業界団体や標準化団体、企業はエッジコンピューティングの戦略と活用を探究する動きを活発化させており、先端技術の開発やさまざまな業界でビジネス機会の開拓を進めています。

劉はこうした産業動向を踏まえ、次のように述べています。「エッジコンピューティングはOT(Operational Technology)とICT(Information & Communication Technology)をつなぐ技術として、産業用IoT成功のカギとなっています。ファーウェイは、ネットワーク管理の自動化やオープンなエッジコンピューティングプラットフォーム、低遅延を実現する次世代イーサネット規格TSN(Time-Sensitive Networking)、自動化ネットワーク(Self-X)など、エッジコンピューティングを支える主要技術の研究開発に注力してきました。今後もエッジにおけるネットワーキングとコンピューティング能力の増強に重きを置いたソリューションの研究開発を進め、お客様に価値をもたらし、ビジネスの成功を支えていきます」

劉はまた、パートナーシップと日本市場の重要性について次のように述べています。「ファーウェイはまた、スマート社会を実現し、推進する企業として、オープンかつWin-Winなビジネスを方針とし、多様な業界パートナーと連携して優れたソリューションの開発とエコシステムの構築に努めていきます。ファーウェイにとり日本はきわめて重要な市場であり、日本の各業界と協力し、新たな成長を実現していきたいと願っています。あらゆるモノが周囲の状況を感知し、ネットワークにつながり、インテリジェントな機能を持つスマート社会に向けて、ともに手を携えて歩んでいきましょう」

                                  

Interop Tokyo 2017で基調講演を行うファーウェイ プロダクト・ソリューション グループ

ネットワークR&D部門プレジデントの劉少偉

「Interop Tokyo 2017」の開催中、ファーウェイは同社ブースでさまざまなオープンスピーチやパートナー企業との共同展示などを実施しています。会期初日には日本のICTを牽引する東京大学 情報基盤センター 大学院工系研究科 准教授 関谷勇司氏が「地域 BWA を利用した IoT 環境の実現」について講演したほか、明日6月8日にはW3C サイトマネージャーを務める慶應義塾大学 環境情報学部 教授 中村修氏によるIPV6の最新動向による講演を予定しています。



<ご参考>受賞製品の概要および審査員講評

Best of Show Award

グランプリ受賞製品





OceanStor Dorado V3オールフラッシュストレージシステム
サーバー&ストレージ部門
講評: 東京大学 情報理工学系研究科 助教 浅井 大史氏

 「ファーウエイOcanStor V3 オールフラッシュストレージ。ファーウエイらしい挑戦的な製品で、攻めた設計により高い性能を実現した点を評価する。将来的な性能向上の計画もしっかり立てられており、安心できる。オールフラッシュストレージはピーク性能の追及だけでなく、可用性や運用性の点でも評価される時代に突入しており、そうした観点での開発や性能向上にも今後は期待したい」
製品概要: 

ミッションクリティカルなサービス向けに設計された高性能、高信頼性、高効率性を備えたストレージシステムです。ファーウェイ独自のFlashLink技術によって、500マイクロ秒の一貫した低遅延で400万IOPSの卓越した性能を実現するほか、ゲートウェイ不要のアクティブ-アクティブ技術によって、1ミリ秒の低遅延と99.9999%の可用性を実現します。さらに、インライン重複排除と圧縮技術により、データを3分の1に圧縮、TCOを50%削減します。

SoftRadioによるE2EのNB-IoTサービス クイック開発キット

デモンストレーション部門

・ 講評: 大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台 天文データセンター 助教 大江 将史氏

「本デモンストレーションは、IoTをサスティナブルなビジネスソリューションとして実現するために、開発環境から導入支援、運用、そして、世界各地でのサポートラボの運営まで含めたプラットフォームを提案した。また、多数の世界展開事例を通して得られた技術知見やビジネスモデルを簡潔に示し、社会イノベーションにおけるIoTの有効性を訴求した点は非常に評価できる」

 ・ 製品概要: 

ICT技術、ネットワーク技術を融合したエンドツーエンドのIoT接続管理プラットフォーム。LPWAネットワークのデバイス管理で緊密なサポートを提供します。

 



準グランプリ受賞製品

4Tルーティングラインカード

キャリアISPネットワーキング部門

・講評: 慶応義塾大学 環境情報学部 教授 中村 修氏

「ラインカード1枚で4Tbpsを実現するには、集中処理するスイッチングの発熱問題や、プリント基板の性能限界に直面する。本製品はそれを解決するためにバックプレーンをケーブルで配線して三次元にするなど、各所の創意工夫を高く評価、表彰する」

・製品概要

革新的ハードウェアにより業界最高レベルの高性能・高密度化・低消費電力実現したNE9000バックボーンルーター用4Tルーティングラインカードです。自社開発のテラビットルーティングネットワークプロセッサー、超広帯域ケーブルバックプレーン、4倍の放熱効率を実現するナノカーボン素材の採用で、業界最高レベルのキャ  パシティを実現します。

          


 クラウドビデオ会議エンドポイント ファーウェイTE10

 ガジェット部門

・講評:大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台 天文データセンター 助教 大江 将史氏

「H323や各種クラウドサービスと連携するビデオカンファレンス機能を有しつつ、手のひらサイズのコンパクトさに、WI-Fi接続、3倍ズーム、スマートフォンやPCとの連携機能など、必要十分な機能をアフォーダブルなコストで製品化したことは高く評価できる」

・製品概要

ファーウェイTE10は、各種クラウドプラットフォームに接続できる革新的なクラウドベースのビデオ会議エンドポイントです。コンパクトな設計に加え、カメラ、コーデック、マイク、スピーカー、Bluetooth、Wi-Fi、ブラケットを搭載。さらに、高度な音声と映像用の通信技術に加え、卓越したネットワーク適応能力を備えています。

審査員特別賞 受賞製品

■ CloudCampus

クラウドマネジメントプラットフォームによるWiFiソリューション

エンタープライズ/SMBネットワーキング部門

講評: アイティメディア株式会社 ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディター 三木

「APのバーコードを読むことで現場での設定と設置ができるなど、無線LAN環境の設計から構築、運用&プロセスを大幅に自動化している」

製品概要:

ファーウェイ独自のクラウドマネージメントプラットフォームにより、無線LANの設計から保守およびサービス品質改善までのプロダクトライフサイクルを一元管理できるソリューションです。90%以上の有用性が実証されているシミュレーション設計により、事前の現場調査が不要となるほか、スマートフォンアプリによる構築開通テストが可能です。クラウド上の巡回点検機能などで、障害を未然に防止するレポートや品質改善につながる提案ができます。

Best of ShowNet Award



  阪神グループが提供する地域BWAサービス基地局のShowNetへの設置

講評:

今後のIoT時代を支える地域BWA網をShowNetと相互実証実験するのみならず、 幕張メッセに実際に実験基地局を持ち込んで稼働させ、さまざまな形での 利用の形態を示すという画期的なデモンストレーションを支えた。免許申請等含め、ShowNetへの多大なコントリビューションをたたえ、特別賞を贈る。

概要:

阪神ケーブルエンジニアリングと協力し、阪神グループが提供する地域BWAサービスのLTE基地局を会場内に2局設置してShowNetへの閉域ネットワークを構築。Interop Tokyo 2017開催中、会場内のIoT端末やデジタルサイネージ等向けのLTE無線アクセスを提供しています。

ファーウェイ ・ジャパンInterop Tokyo 2017特設サイト:http://e.huawei.com/topic/interop2017-jp/