This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

ファーウェイ、ハノーバーメッセ 2017で最新のICTイノベーションを披露

2017-04-28

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は世界最大の産業見本市ハノーバーメッセ 2017(4月24日~28日、ドイツ・ハノーバー)において、顧客企業のデジタル変革を支援し、新たなビジネスチャンスを切り拓く一連の製品およびソリューションを披露しました。

ファーウェイは業界を牽引するパートナー各社と連携し、IoT、インダストリークラウド、オールクラウドネットワーク、企業向けワイヤレスなどのオープンなプラットフォームをベースとした最新の製品・ソリューションを展示し、製造業、物流、エネルギー産業におけるデジタル変革を加速するための方策を示しました。また、米GE、米インテル、独Tシステムズとの画期的な協業も発表しました。

      

今年のハノーバーメッセのテーマは、「Integrated Industry – Creating Value(産業システムの統合化–価値の創造)」です。製造業は第1次産業革命と第2次産業革命を経て、現在、さらなるコネクティビティと自動化に向けて進化しています。製造業の再定義が進むにつれ、さまざまな産業アセットが完全に“つながった”インテリジェントな産業が実現され、新たな製造業時代の到来が予測されています。

デジタル変革を加速する製造業向けのフラッグシップソリューションを発表

ファーウェイ法人向けICTソリューション事業グループ プレジデント兼ファーウェイ・ジャパン代表取締役会長である閻 力大(エン・リダ)は、製造業のデジタル化について次のように述べています。 「製造業のデジタル変革には、新時代のICTを高度な製造技術と融合していくことが求められますが、より重要なのはこうした技術が設計から製造、管理、サービスに至るあらゆる段階で利用されることです。こうしたなか、ファーウェイはIoT、クラウド、ビッグデータなどのコラボレーションを促すICTを活用し、パートナーとの協力のもと、産業のデジタル変革に向けた効率的かつスマートで革新的なソリューションを開発しています。ハノーバーメッセ 2017の会期中にはGE、インテル、Tシステムズなどの業界をリードするパートナーとの共同イノベーションを発表する予定ですが、これらは新時代のICTを活用して産業のデジタル変革を加速している好例です」

製造業では現在、産業系ネットワークと情報系ネットワークを接続する動きが活発になっており、情報システムを複数の生産リソースと連携させることで、さらなる多様性、リアルタイム性、カスタマイズ性を求める声へに対処しようとしています。ハノーバーメッセ2017 でファーウェイは、産業用ロボットの世界的リーダーである独クーカと共同で5G(第5世代移動体通信)ベースの産業ロボットソリューションのデモを行ったほか、独SAP、中国のソフトウェア企業であるハンドエンタープライズソリューション(上海漢得信息技術)、SAPパートナー企業によるアライアンスネットワークであるUnited VARsと共同で開発したフレキシブルな製造業ソリューションや、米アルテア、米アンシス、仏ESIと共同で開発したアジャイル設計ソリューションなどの一連の製造業向けソリューションを披露しました。こうしたソリューションを活用することで、インダストリー4.0の要件を満たす新たな業務モデルと基本的なプラットフォームを構築することが可能になり、設計、意思決定、予防保守、ロジスティクスの各フェーズでICTを活用したクラウドベースのインテリジェントな機能を実現します。

また、ファーウェイと世界的なエレベーター/エスカレーターメーカーであるスイスのシンドラーは、エレベーター向けIoTソリューションを披露しました。シンドラーはこのソリューションにより、世界各地で稼動する数百万台のエレベーターを完全に接続し、集中的に管理することが可能となり、サービス可用性を向上するとともに、世界中の人々により優れたユーザー体験を提供します。

さらに、物流分野では、ドライバー、車両、貨物を接続する多機能なインテリジェントゲートウェイとビッグデータ基盤を提供するスマート物流ソリューションを展示し、本ソリューションで実現するスマートなリテールサービスやフリート管理などを紹介したほか、エネルギー分野では中国の国家電網公司とワショングループ(威勝集団)とともに開発したスマートグリッドソリューションと石油・ガス業界向け各種ソリューションを展示しました。

業界をリードする各社との画期的なパートナーシップを発表

  • GEとクラウドベースの予防保全ソリューションを共同発表

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。

  • インテルとハイパフォーマンスコンピューティングにおけるイノベーション加速に向けた覚書を締結

ファーウェイとインテルは4月25日、ハイパフォーマンスコンピューティング(High-Performance Computing、HPC)分野における協業に関する覚書を締結しました。両社はこの覚書に基づき、Intel® Xeon®プロセッサー、Intel® Xeon PhiTM プロセッサー、Intel® Omni-Pathアーキテクチャ(OPA)を搭載したファーウェイのサーバーとクラウド基盤を活用し、HPCソリューションを開発していきます(詳細はこちら)。ファーウェイはまた、中国の深圳と成都、ドイツのミュンヘンにHPCイノベーションセンターを設置します。両社はこれらのイノベーションセンターにおいて、アプリケーションの最適化、テクニカルトレーニング、コミュニティ構築などを共同で進めることで、最先端の体験とサービスを顧客企業に提供していきます。さらに、共同でマーケティング活動も実施します。

  •  TシステムズとIoTベースのスマート小売ソリューションを発表

ファーウェイとドイツテレコム子会社で法人向けITサービスを提供するTシステムズは、スマート小売IoTソリューションを共同で発表・披露しました。このソリューションは、スマートクーラーをファーウェイのARシリーズIoTゲートウェイと接続し、ドイツテレコムのパブリッククラウドサービス「オープンテレコムクラウド(Open Telekom Cloud)」を活用するものです。これにより、膨大な数のデバイスへのリアルタイムでの運用管理が可能となり、労働コストの削減につながります。

ファーウェイのハノーバーメッセ 2017出展情報については、以下ウェブサイトをご参照ください。、http://e.huawei.com/topic/hannovemesse2017-en/index.html(英語)

※本参考資料は2017年4月24日(現地時間)にドイツ・ハノーバーで発表されたプレスリリースの翻訳版です。