This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

「あくなき挑戦の先に、その一瞬がある」

厚積薄発

中国古来のことわざで「厚積薄発(ホウジーボーファ)」とは、時間をかけて地道に努力を重ね、その力を正しい戦略に集中して投入することで、成功の瞬間をつかみとることを意味します。

ファーウェイにとって、ビジネスの成功とは、荒れ狂う水流の中で、たゆまぬ努力と小さな成功を積み重ね、現状打破に向けて歩み続けることから生まれるものです。あくなき挑戦の先に、その一瞬がある――私たちが目指す「より“つながった”世界」も、その先にあります。

流量28,000立方メートル毎秒にも達するアフリカ・コンゴ川の、ともすると命を落としかねない激しい水流の中、熟練の技と集中力で先祖代々漁猟を続けてきたワゲニア族。揺るぎない信念と長年にわたるたゆまぬ努力を、人類史上の一大ブレイクスルーへと結実させてきた科学者や発明家たち。こうした営みは、まさに「厚積薄発」そのものです。それはまた、パイプ戦略に集中して投資してきたファーウェイの経営戦略とその企業文化の価値観に通ずるものでもあります。

この動画を通じて、ファーウェイの企業アイデンティティについてのご理解を深めていただければ幸いです。

「あくなき挑戦の先に、その一瞬がある」キャンペーンについては、こちらもあわせてご覧ください。

ファーウェイ・ジャパン広報誌『HuaWave』(Issue 22)
「厚積薄発」――目標の実現に向かって、一意専心とたゆまぬ努力を


未来はどうやって始まるのか。
答えはその問いの中にあります。
私たちは先人たちと同じように、
生き抜く方法を学んできました。

ワゲニア族の漁師 - 川の流れが速いほど獲物は大きい

激流の中に叡智を追い求め、
その秘密に集中して目を凝らせば
人類が受け継いできた成功を手にすることができます。
未来は偶然とともに始まります。
あらゆる瞬間にチャンスが宿り、
たゆまぬ努力が
一見何もないと思われる中から偉大な発見を導きます。

アレクサンダー・フレミング - 感染症の治療薬、抗生物質ペニシリンを偶然発見

情熱があれば人ははばたくことができます。
はばたき続けても、うまく飛べないかもしれません。
しかし、信念が揺らぐことはありません。
やがて新たな地平が切り開かれ、
その努力が報われる時が訪れます。

ライト兄弟 - 1905年、飛行機を世界で初めて発明

広大な宇宙の秘密は
極めて微細なものの中に隠されています。
目に見えないほどの小さなアイデアが
栄光の瞬間へと花開きます。

CERN(欧州合同原子核研究所)- 数十年に及ぶ研究の末、「神の粒子」を発見

そしてその一瞬が、さらにすばらしい未来への出発点となるのです。

あくなき挑戦の先に、その一瞬がある