This site uses cookies. By continuing to browse the site you are agreeing to our use of cookies. Read our private policy>

コーポレートガバナンス

お客様志向と一意専心というコアバリューに基づき、ファーウェイは、コーポレートガバナンス体制、組織、プロセス、評価システムを絶えず改善し、長期にわたる効率的な成長を維持してきました。

株主総会はファーウェイの最高権威として、増資や利益分配、取締役会と監視委員会のメンバー選定など、主要な問題について意思決定を行います。

取締役会は、会社の戦略と経営についての意思決定機関です。また、事業運営全体の指導と監督を行い、戦略上の重要問題について意思決定を下します。

監視委員会の主要な責務は、会社の財務実績と経営状況の検討、取締役と上級管理職の職責遂行の監視、取締役会機能の標準化です。

ファーウェイは取締役会の指導のもとCEO輪番制度を実施しています。輪番CEOはその在任期間中、会社の業務と危機管理の主要責任者として、会社の存続と発展の責任を担います。

ファーウェイは2000年よりKPMGを外部監査人として監査を受けています。外部監査人は財務諸表の監査に責任を負い、適切な会計基準と監査手順に従って、財務諸表が正確かつ公正であるかどうか意見を表明します。

ファーウェイはお客様、製品、地域の3つを柱とした事業体制を構築しています。すべての組織が協同してお客様のために価値を生み出し、財務成績、市場での競争力、お客様の満足度に対して責任を負います。

その他のコーポレート・ガバナンス

一覧を見る